使用を続けると、症状が強く出るかぶれ(ヘアダイによる)

 ヘアダイ(毛染め剤)は、最近はコンビニや薬局などでも入手でき、その使用により気軽に家庭で毛を染めることができます。 ヘアダイは使用するうちに、ある日突然ヘアダイの成分に対してアレルギー症状を起こすことがあります。いったん、アレルギー反応を起こすと、一生ヘアダイに対してアレルギーの体質を持ち続けることになります。最近、ヘアダイによる皮膚のトラブルがみられる方が増えているという報告があります。
 
 毛染め・脱色剤に含まれる化学物質が、アレルギー症状や皮膚炎を起こす場合があることはあまり知られていない。・・・もともと黒い髪を明るい色に長い期間変えるためには、脱色と染料を化学反応で染め付ける作用を一度に行う酸化染毛剤という永久染毛剤を使うか、脱色剤を使うのが一般的。多くの皮膚トラブルは、この二つによるものだ。酸化染毛剤にはパラフェニレンジアミン、脱色剤には過酸化水素という、かぶれを起こしやすい化学物質が含まれる。・・・化学物質を含む染毛剤、脱色剤は、初回はかぶれなくても使い続けるうち突然アレルギー症状を起こすことがあり、・・・かぶれると、頭皮が赤くかゆくなり、浸出液が出たり、・・・
(中日新聞  2007年5月4日 より引用)
コメント:ヘアダイには、化学物質(パラフェニレンジアミン、過酸化水素など)が含まれており、ヘアダイの使用を続けると、かぶれの症状やまれに喘息やアナフィラキシーショックなどの重篤な症状を引き起こすことがあります。ヘアダイによるかぶれの症状がございましたら、早めに当クリニック(専門医)を受診しましょう。

アトピー・あせも・とびひ・いぼ・しみなど皮ふの病気について → http://www.mahirohifuka.com/blog/
クリニックのホームページ →   http://www.mahirohifuka.com/