お子様にやさしい:いぼ・水いぼの治療法:プラネッツ掲載

画像プラネッツ2011年4月号:「夏に向けて知っておきたい子供の皮ふ病(とびひ・水いぼ・あせもなど」)に関する記事が掲載されました。

プラネッツ 「水いぼ」は、どういうものですか?

山村先生 主に子供に見られる、ウイルスが原因の皮膚病です。症状は、肌色もしくはまわりに赤みを帯びた半球状に盛り上がったブツブツで、中が透けて白く見えるのが特徴です。
プラネッツどんなところにできやすいですか?
山村先生/体中のどこにでもできますが、わきの下、おしりや首回りなど、皮膚がすれやすい部位によく認められます。かゆみを伴うことが多く、かいてしまうことにより、どんどん症状がひろがってしまうことがあります。ですから、「水いぼ」が少ないうちに治療することが大切ですね。



いぼに対する治療法には、液体ちっそを用いていぼを凍らせる治療法やスピール膏をはって治すなどの方法があります。痛くないいぼの治療法として、最近注目されているのが活性型ビタミンD3を塗っていぼを治す治療法です。この治療法は比較的容易に実行でき、痛みやかぶれなどの副作用も少ないため、いぼに対する治療法としては比較的有効で安全な方法と考えられます。    
画像

  
  尋常性疣贅は、ヒト乳頭腫ウィルスの主として2型や57型の感染による皮膚の良性腫瘍である。活性型ビタミンD3製剤は代表的乾癬治療薬となっているが、その表皮細胞分化誘導作用、過増殖抑制作用やアポトーシス誘導作用は、疣贅においても有効に働く可能性がある。
  筆者も「痛くないイボ治療法」を模索して、いくつかのオリジナルな疣贅治療法を考案してきた。その中で比較的高い有効性が得られ、今後の疣贅治療法の主要戦略になりうると考えているのが、活性型ビタミンD3外用療法で・・・               (Visual Dermatology Vol.4 No.3 より引用)

コメント:診療においてしばしば治りがよくないいぼに遭遇します。この活性型ビタミンD3外用療法は比較的容易に実行でき、痛みやかぶれなどの副作用も少ないため、いぼに対する治療法としては比較的有効で安全な方法と考えられます。 当クリニックにおいてもいぼによく効く、いぼに対する痛くない治療法も行っておりますので、お気軽にご相談ください。