子供に多いあせも:プラネッツ4月14日号掲載

画像 
2011年プラネッツ4月14日号に、豊橋市のまひろ皮膚科クリニックの「夏に向けて知っておきたい子供の皮膚病(水いぼ・とびひ・あせも・水虫)」に関する記事が掲載されました!



あせもは、6月~9月の夏にかけて多くみられます。子供(特に乳幼児)は、体表面積が大人よりも狭いため、汗の腺の密度が大人より高くなり、そのためあせもが大人よりできやすくなります。あせもは放置すると、かゆみのためにかいてしまい、湿疹やとびひになってしまいます。ですから、あせもができたらなるべく早めに治すことが大切です。あせもには、紅色汗疹(赤色のあせも)と水晶様汗疹(白色のあせも)の2種類があります。ここでは、一般的によくみられる紅色汗疹について詳しく説明します。

あせもの症状小さな赤いブツブツや小さな水ぶくれとして見られることが多く、通常かゆみを伴います。ひたい、首まわり、わきの下、おしりなどすれやすい部位によくできます。
あせもの原因汗をよくかくと、皮膚の表面の水分量が増加して、細菌がはんしょくしやすくなります。この状態が続くと、汗の出口が詰まってしまいます。この汗の出口が詰まった状態のままで更に汗をかいてしまうと汗の出る管が破裂してしまい、汗が周囲にしみ出して炎症を起こしてしまいます。この炎症を起こした状態が「あせも」です。
あせもの治療炎症が軽い場合は、非ステロイド剤の塗り薬を使用します。炎症やかゆみが強い場合は、弱いステロイド剤をぬります。かゆみが強くてひっかいてしまう時は、かゆみ止めの薬を短期間内服します。 
生活上の注意点 あせもは、できないように予防することが可能です。汗をかいたら、こまめに汗をタオルでふきとったり、シャワーで洗い流すとよいでしょう。石鹸はよく泡立てて、手で優しく体を洗うことが大事です。風呂上りにベビーパウダーを使用することは、かえって汗管をつまらせる原因となり、あせもができやすくなるため良くないと考えられています。衣服は吸湿性のよい綿の素材が基本です。室温が26℃以上になると、あせもができやすくなるといわれていますので、エアコンや扇風機などを適度に使用するとよいでしょう。ただ、エアコンなどの使いすぎは、お子様の体には良くないので気をつけましょう。             
画像

 あせもを放っておくと、とびひの原因になります。ですから、あせもができてしまったら、早めにまひろ皮ふ科クリニック(皮膚科専門医)を受診して治すようにしましょう。 

アトピー・とびひ・水虫・いぼ・しみ・にきびなど皮ふの病気について→ http://www.mahirohifuka.com/blog/
あせもに関するブログ 
http://mahirohifuka.at.webry.info/theme/590bbfda84.html                          
当クリニックのホームページ →  http://www.mahirohifuka.com/