日光が当たったところにできるじんましん(日光じんましん)について

日光によるじんましんの症状は、日光が当たったところに一致して、みみずばれが出ます。重症な場合は、息苦しくなったり、気分が悪くなったりするなどの症状を引き起こすこともあります。日光じんましんは、20歳代の方に比較的多くみられます。原因としては、日光中の可視光線、UVA、UVBがあげられます。抗アレルギー剤を飲んで治ることもありますが、なかなか治りが悪いことも多いようです。予防としては、サンスクリーン剤をぬったりして徹底的に日光をさけることが大事です。
 
 あらゆる年代に突如として発症するが、われわれの経験では20歳代に初発する例が最も多い。作用波長は可視光線、UVA、UVBと、症例によって一様ではないが、本邦では可視光線によって生じる症例が最も多い。日光蕁麻疹の確定診断には、光線照射によって皮疹の誘発を試みる。発症機序は、血清中の因子に光のエネルギーが吸収され、光化学反応によって形成された光産物が抗原となってⅠ形アレルギーを機序として発症する。
         (Visual Dermatology Vol.4 No.7 より引用)
コメント:日光じんましんはなかなか治りにくいですが、抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤などを内服したり、日光照射を防ぐサンスクリーン剤を使用したりすることにより、発症を抑えることが可能です。じんましんの症状が疑われましたら、早めに当クリニック(専門医)を受診しましょう。

画像 
2011年プラネッツ4月14日号に、当クリニックの「夏に向けて知っておきたい子供の皮ふ病(水いぼ・とびひ・あせも・水虫)」に関する記事が掲載されました!

アトピー・いぼ・あせも・とびひ・水虫など皮ふの病気について → http://www.mahirohifuka.com/dermatology.html
じんましんについてのブログ → http://mahirohifuka.at.webry.info/theme/0a62131b14.html
当クリニックのホームページ → http://www.mahirohifuka.com/