治りが悪くなる前に、 帯状疱疹は早めに治しましょう!

帯状疱疹は、皮ふに水ぶくれを伴う発赤が体、腕、顔や頭などの左右どちらか一方に沿って出てくる病気です子供の頃にかかる水ぼうそうのウィルス(水痘・帯状疱疹ウィルス)によって起こる感染症です。
画像症状 →発疹が出てくる数日から1週間程前から、チクチクするような神経痛やムズムズするといった違和感がみられます。しばらくすると、その部位に水ぶくれを伴う発赤が出てきます。発疹は全体が帯のように連なって見えるので、帯状疱疹と呼ばれます。水ぶくれはやがてびらんになって、かさぶたとなって治ります。体がだるく感じられたり微熱が出ることもよくあります。

原因 →ほどんどの人が子供の時にかかる水ぼうそうのウィルスが原因で発症します。このウィルスは、水ぼうそうが治ったあとも、神経の細胞の中に潜んでいます。疲労、ストレス、老化、ケガ、手術などをきっかけに体の抵抗力(免疫力)が弱くなるとウィルスが活発に増殖し始めます。増殖したウィルスは、神経を伝わって皮膚の表面に現れ、痛みを伴う発疹をつくります。

治療 → 帯状疱疹のウィルスによく効く飲み薬である抗ウィルス剤をできる限り早めに飲み始めます。抗ウィルス剤は、病初期に飲むと効果が上がると言われています。痛みが強い場合は、痛み止めや神経の炎症を和らげる飲み薬も併用します。発疹には、発赤や痛みを和らげる作用のあるぬり薬を中心に外用します。薬だけで痛みが改善されないときは、「神経ブロック」という治療をすることもあります。この治療は、麻酔科で受けることができます。
治療はできるだけ早期にはじめることが大切です。早期に治療をうけなかったり、安静にせず体に負担をかけるなどすると、「帯状疱疹後神経痛」という後遺症が残ってしまうことがあります。発疹が出て3日以内に治療を受ければ、後遺症が残る確率は低くなり、皮ふの症状も軽くてすみます。ですから、帯状疱疹の症状が疑われましたら、当クリニック(専門医)に早めにかかって帯状疱疹かどうかの診断をうけるとよいでしょう。


日常生活上の注意点 → 帯状疱疹は精神的あるいは肉体的に疲れている時によくなりますので、安静にすることが大事です。もちろん栄養や睡眠をしっかりとることも大切です。水ぶくれはつぶすとそこから細菌が入って感染してしまうのでつぶさないように注意しましょう。帯状疱疹は健康な人で水ぼうそうにかかったことのある人には通常うつりません。お子供さんで水ぼうそうにかかったことのない人や免疫力が低下している方にはうつって水ぼうそうの症状が出てしまいますので注意が必要です。ですから、水ぶくれが治るまでは、水ぼうそうにかかったことのない人、特に妊娠している人や小さなお子さんとの接触はさけるようにしましょう。

画像 はなまる(雑誌Hanamaru)2006年7月号に、アトピー性皮膚炎に関する、当クリニックの記事が掲載されました。


就学前のお子様を持つママの為の地域情報誌「テニテオ」2010年11月号に、当クリニックの紹介記事が掲載されました!今回は、「おむつかぶれ」についての特集です。


画像


手あれ・とびひ・水虫・いぼ・しみ・にきび・アトピーなど皮ふの病気について→ http://www.mahirohifuka.com/blog/
当クリニックのホームページ →  http://www.mahirohifuka.com/
赤ちゃんに関するブログ → http://mahirohifuka.at.webry.info/theme/8a29702ca1.html