手あれの症状・原因・治療について

 手あれは20歳~30歳代の女性をピークに、男女にみられる皮膚病です。季節については、1年中みられますが、冬に悪化することが多いです。日常生活で触れるお湯、石けん、洗剤、シャンプー・リンス、衣服のせんい、紙、段ボールなど 様々なものが原因となって生じます。これらのものが刺激となって、手の皮脂膜が破壊されることにより、皮膚表面(角質層)の水分が失われ 、手あれの状態になります。 主に、利き手の親指、人差し指、中指の指先から始まり、皮膚が乾燥してはがれ落ち、ひびわれが目立ったり、指紋がなくなるなどの症状がみられます。症状が強くなると、両手のひら全体までに症状が拡大してしまいます。この状態を放っておくと、炎症が起こり、かゆみを伴う発赤やブツブツが見られるようになります(手の湿疹)。更にこの状態を放置すると、指先を中心にひびわれが生じます。ですから、手あれの症状がありましたら、早めに皮膚科専門医で治療することが大切です一般に、小児期にアトピー性皮膚炎の症状があった方に多くみられ、冬に症状が強くでますが、夏には症状が改善することが多いようです。 画像


手あれになる理由
一般に、皮ふの水分量は、皮脂、天然保湿因子、角質細胞間脂質という3つの物質によって一定に保たれています。手や指では皮脂腺(皮脂を分泌する腺)が少なく、そのため皮脂膜もうすくなっています。その代わり角質層が厚くなっていて、保護する役目をはたしています。その角質層も、石けんや洗剤などを使ってひんぱんに水仕事をしたり、指先をよく使ったりした後にお手入れをしないで放っておくと、水分が失われやすくなります。そこへ、さらに指先に様々なものの摩擦刺激が加わると、厚い角質層は弾力性を失い、ひびわれてしまいます。ですから、手への刺激を少なくするような、ふだんからの心がけが予防には大切です。


日常生活で心がけること

刺激をさける
 
  木綿やビニールなどの手袋などを着用して、指先を直接刺激しないようにしましょう。また、水仕事の際にはその上からビニールやゴム手袋などを着用して、直接洗剤に触れないようにしましょう。

画像手を大切に・手を洗いすぎないように
 
  手を使いすぎるのはよくありません。炊事や洗濯などの仕事を減らす工夫をし、できるだけ手に負担をかけないようにしましょう。何度も手を洗うと症状が悪化してしまします。手の洗いすぎには注意しましょう。手を洗ったあとには、皮膚にうるおいを与えるぬり薬(保湿剤)をぬりましょう。ひびわれは痛いので、ついつい絆創膏で保護しがちですが、長時間貼らないように注意しましょう。長時間貼ると、水分や汗で角質が白くふやけるため、洗剤や石鹸などが浸透しやすくなり、手あれの症状を悪化させてしまう可能性があるからです。

お薬を正しく使いましょう
 
  保湿剤を定期的にぬります。ひびわれに対しては、ひびわれを治す作用のあるテープ剤や軟膏をぬります。かゆみや炎症が強くて治りが悪いときには、ステロイドの入った軟膏を短期間だけぬります。かゆみが非常に強い場合は、抗アレルギー剤の飲み薬を内服します。

 症状が軽くなったからといって油断せず、定期的に自分に合った保湿剤をぬりましょう。再発しないためにも、手を洗いすぎない、手に刺激となるものをさけるなど、ふだんからの心がけが大切です。手あれは早めに治さないとひび割れができて痛みを伴ってしまいます。ですから、手あれかなと思ったら、早めにまひろ皮膚科クリニック(皮膚科専門医) を受診しましょう。

(手あれのおはなしより一部引用)