お子様をもつママのための情報誌テニテオ2月号掲載:アトピーに関する記事の掲載

画像
就学前のお子様をもつママのための情報誌teniteo(テニテオ)2011年2月号(1月15日発行)にまひろ皮ふ科クリニックのアトピー性皮膚炎(アトピー)に関する記事が掲載されました !
かさかさした乾燥肌はアトピー発症の原因?!

画像乳幼児期は、食べ物(卵白、小麦、牛乳など)がアトピーの悪化因子となることが多いです。乳幼児期を過ぎると、ハウスダスト、ダニ、カビなどの環境因子がアレルゲン(アレルギーの原因物質)になります。このため、こまめに室内を掃除したり、天気の良い日は窓を開けて換気することが大切です。じゅうたんやカーペットはダニの格好のすみかになるので敷くのをひかえ、晴れた日は布団を干すようにしましょう。動物の毛もアレルゲンになりますので、室内にペットを飼わないようにすることも大切です。また、夜ふかしや睡眠不足はかゆみの原因になりますので、規則正しい生活を送るようにしましょう。
 
アレルギーの原因が何かを血液検査で調べることができますので、気になる方は皮膚科専門医に相談して検査を受けるようにしましょう。最近では、アトピーの原因として、皮膚のバリアー機能(皮膚本来がもつ皮膚の表面を保護する機能)の異常が注目されています。皮膚のバリアー機能に異常があると、アレルゲンが外部から皮膚の中へ侵入しやすくなり、アトピーを発症しやすくなります。ですから、保湿剤を定期的に塗って、皮膚のバリアー機能を改善させることが大切です冬は湿度が低下するため、皮膚が乾燥しやすい状態になります。皮膚にとっての理想の湿度は、約60%と考えられていますが、冬では40%を下回ることもあり、室内で暖房を使用すれば湿度は20%以下まで下がります。その意味でも、暖房を使いすぎないようにして、こまめに室内を換気する必要があります。

アトピーの子どもは毎日のスキンケアが必須画像

アトピーのお子さんは、もともと皮膚のバリアー機能が低下し、水分を保持する機能が低下しているため、冬場のスキンケアは毎日欠かさずに行う必要があります。石けんでゴシゴシ洗いすぎると乾燥したお肌にダメージを与えてしまいますので、お肌にやさしい刺激の少ない石けんを使用するとよいでしょう。皮膚表面の汗や汚れをやさしく洗い落とすことが大事で、石けんをよく泡立てて手でなでるようにして洗うのがコツです。湿度が下がるこの季節、定期的に保湿剤をぬってアトピーの症状がでないようにしましょう。

まひろ皮膚科クリニック(豊橋市:皮膚科専門医)では、アトピーの方におすすめの保湿剤を処方しておりますので、お気軽にご相談ください。ただいま、乾燥肌にやさしい石けんや入浴剤などのサンプルをプレゼント中! 

画像 はなまる(雑誌Hanamaru)2006年7月号に、アトピー性皮膚炎に関する、まひろ皮膚科クリニックの記事が掲載されました

アトピー・いぼ・水虫・しみ・にきびなど皮膚の病気について