お子様に多いしもやけ:悪化する前に早めに治しましょう!

しもやけ(凍瘡)は、気温が4~5度、1日の気温差が10度以上になる秋~冬によくみられます。
しもやけは、お子様の耳やほおなどの顔、指先、足先などによくできます。患部が痛がゆくなるのが特徴的で、あたたまるとかゆみが増します。まれに、水ぶくれができたり、皮膚がめくれてびらんになることもあります。気温が上昇する春には通常、症状がほぼなくなります。 画像

指先、足先、鼻先、耳たぶなどの露出した部位に発赤を生じるタイプ(多形紅斑型=M型)とはれが主体でジュクジュクや水ぶくれを生じるタイプ(たる型=T型)の2つのタイプがあります。 治療は、血行促進作用をもつビタミンEやヘパリノイド類似物質を含む軟膏をぬります。ぬり薬で不十分な場合は、ビタミンEの内服も併用すると治りがよくまります。
  大人で「しもやけ」の症状がある方の中には、シェーグレン症候群や全身性のエリテマトーデスなどの膠原病の症状が隠れている場合が時にありますので注意が必要です。  
                  
   (MB Derma 57: 17-22 参考)
画像


汗をかいたまま、寒い環境に長時間いると、しもやけになりやすいです。しもやけにならないようにするためには、靴下や手袋などをこまめにかえて、寒い所に長時間いないようにするとよいでしょう。外出時は、耳あてやマスクを着用するとよいでしょう。 
また、予防には保湿も大事ですので、乾燥肌の方は、スキンケアを常に怠らないように心がけましょう!しもやけの症状が疑われましたら、当クリニックを受診しましょう。

ただいま、乾燥肌によい石けん、入浴剤などのサンプルをプレゼントしています

乾燥肌を放置すると皮膚が知覚過敏になり、かゆみを感じるようになります。かゆいとかくことによって湿疹ができやすくなり、湿疹はかゆみをともなうため更にかいてしまうという悪循環に陥ります。このようにしてできてしまった湿疹は市販薬では治りにくいため、早めに皮膚科専門医で治療することをおすすめします。また、乾燥肌の状態が続くと、治りの悪い貨幣状湿疹になりますので注意が必要です。当クリニックでも、乾燥肌によい保湿剤などのぬり薬の処方も行っておりますので、乾燥肌の症状がございましたら、お気軽にご相談ください!

水いぼ・とびひ・あせも・水虫などに関する、まひろ皮ふ科クリニック「子供の皮膚病」の記事が 2011年プラネッツ4月号に掲載されました! 画像