お子様にやさしい:いぼ・水いぼの治療法:プラネッツ掲載

画像プラネッツ2011年4月号:「夏に向けて知っておきたい子供の皮ふ病(とびひ・水いぼ・あせもなど」)に関する記事が掲載されました。

プラネッツ 「水いぼ」は、どういうものですか?

山村先生 主に子供に見られる、ウイルスが原因の皮膚病です。症状は、肌色もしくはまわりに赤みを帯びた半球状に盛り上がったブツブツで、中が透けて白く見えるのが特徴です。
プラネッツどんなところにできやすいですか?
山村先生/体中のどこにでもできますが、わきの下、おしりや首回りなど、皮膚がすれやすい部位によく認められます。かゆみを伴うことが多く、かいてしまうことにより、どんどん症状がひろがってしまうことがあります。ですから、「水いぼ」が少ないうちに治療することが大切ですね。



いぼに対する治療法には、液体ちっそを用いていぼを凍らせる治療法やスピール膏をはって治すなどの方法があります。痛くないいぼの治療法として、最近注目されているのが活性型ビタミンD3を塗っていぼを治す治療法です。この治療法は比較的容易に実行でき、痛みやかぶれなどの副作用も少ないため、いぼに対する治療法としては比較的有効で安全な方法と考えられます。    
画像

  
  尋常性疣贅は、ヒト乳頭腫ウィルスの主として2型や57型の感染による皮膚の良性腫瘍である。活性型ビタミンD3製剤は代表的乾癬治療薬となっているが、その表皮細胞分化誘導作用、過増殖抑制作用やアポトーシス誘導作用は、疣贅においても有効に働く可能性がある。
  筆者も「痛くないイボ治療法」を模索して、いくつかのオリジナルな疣贅治療法を考案してきた。その中で比較的高い有効性が得られ、今後の疣贅治療法の主要戦略になりうると考えているのが、活性型ビタミンD3外用療法で・・・               (Visual Dermatology Vol.4 No.3 より引用)

コメント:診療においてしばしば治りがよくないいぼに遭遇します。この活性型ビタミンD3外用療法は比較的容易に実行でき、痛みやかぶれなどの副作用も少ないため、いぼに対する治療法としては比較的有効で安全な方法と考えられます。 当クリニックにおいてもいぼによく効く、いぼに対する痛くない治療法も行っておりますので、お気軽にご相談ください。

水いぼは、早めに治しましょう!(痛みがない治療:プラネッツ4月号掲載)

 画像プラネッツ4月14日号に、まひろ皮ふ科クリニックの「夏に向けて知っておきたい子供の皮ふ病(とびひ・水いぼ・あせも・水虫など」)に関する記事が掲載されました。

プラネッツ/  「水いぼ」は、どういうものですか

山村先生/主に子供に見られる、ウイルスが原因の皮膚病です。症状は、肌色もしくはまわりに赤みを帯びた半球状に盛り上がったブツブツで、中が透けて白く見えるのが特徴です。

プラネッツどんなところにできやすいですか? 

山村先生/体中のどこにでもできますが、わきの下、おしりや首回りなど、皮膚がすれやすい部位によく認められます。かゆみを伴うことが多く、かいてしまうことにより、どんどん症状がひろがってしまうことがあります。ですから、「水いぼ」が少ないうちに治療することが大切ですね。

  水いぼは伝染力はそれ程強くありませんが、皮膚同士の接触により感染したり、プールのビート板やタオルなどを介して感染すると考えられています。学校、保育園や幼稚園、プールなどで流行します。水いぼは体中のどこにでもできますが、わきの下や首まわりなどの皮膚がすれやすい部位によく認められます
  水いぼは自然治ゆすることも多いと言われていますが、かゆみを伴う場合はひっかくことによりまわりの皮膚にどんどんうつってしまいます。その意味でも、数が少ないうちに治してしまうことが大切です。水いぼの治療法には、医療用のサリチル酸絆創膏を使用する方法、痛みどめのテープをはってから水いぼをとる方法、抗ウィルス剤をぬる方法、専用のピンセットを用いる方法、硝酸銀(化学薬品)を用いる方法(硝酸銀法)などがあります。 硝酸銀を用いる方法(硝酸銀法)は、患部以外の皮膚に化学薬品がつき、やけど(熱傷)をおこす危険性があり、当クリニックでは行っておりません。
  様々な治療の中で、サリチル酸絆創膏を使用して水いぼを治す方法は、痛みが全くなく安全で最も効果があるといわれています。当クリニックでは、お子様に安心の痛みがない痛みが水イボを治す治療法を行っておりますので、お気軽にご相談ください  
 
画像
 

はなまる(雑誌Hanamaru)2009年5月号に、とびひに関する、当クリニック(専門医)の記事が掲載されました。 
画像水いぼについてのブログ → http://mahirohifuka.at.webry.info/theme/47fa8bc29c.html
あせも・とびひ・しみ・にきび・アトピーなど皮ふの病気について http://www.mahirohifuka.com/infant.html
クリニックのホームページ → http://www.mahirohifuka.com/

小麦による重症のアレルギー反応

アナフィラキシーとは、特定物質を摂取後に起きる急激なアレルギー反応の結果、じんましん、呼吸困難、ショック症状などの症状をきたすことをいいます。特定の食物を食べた後、運動している最中にこのアナフィラキシーの症状が起きることを食物依存性運動誘発アナフィラキシーといいます最近、小麦による食物依存性運動誘発アナフィラキシーが増加してきています。

  本症の発症には特定の食物の摂取が不可欠であり、またほとんどの症例でその食物成分に対する特異的IgEが証明されることから、現在では、食物成分に対するⅠ型アレルギー反応を基盤に発症すると考えられている。
 ・・・20歳までの発症例が全体の4~5割、30歳までの発症例が7~8割を占め、本症は若年者に多い。また、何らかの運動中に発症した例がほとんどであるが、その内容はテニスやサッカーなどの激しいものから、ゴルフ、さらに歩行などの軽いものまで様々であり、運動量との関係は少ない。本症の発症には運動だけでなく、アスピリンやその他多くの非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)が誘発因子あるいは修飾因子として関与しうる・・・
          (皮臨: 45(10); 1217-20より引用)
コメント:食物依存性運動誘発アナフィラキシーは、原因となる食物を摂取しただけではじんましんや呼吸困難などの症状は起こりません。原因となる食物を摂取した後、運動をすることがアナフィラキシーを起こす必須の条件です。運動だけでなく、アスピリンやその他多くの解熱鎮痛剤(非ステロイド剤)がアナフィラキシーを誘発します。血液検査にて原因となる食物に対する特異的IgEが証明されることが多いので、食物依存性運動誘発アナフィラキシーを疑ったら、早めに専門医を受診して検査をうけるようにしましょう。    
じんましんについて → http://www.mahirohifuka.com/blog/

食物アレルギーに関するブログ
→ http://mahirohifuka.at.webry.info/theme/9e64b1f1f8.html
当クリニックのホームページ → http://www.mahirohifuka.com/

注意が必要な、体が急に冷えた時にみられるじんましんについて

 寒冷じんましんは、急に体の一部(局所性)もしくは全身に寒冷の刺激(クーラーの風、プールの水や海水浴など)が加わった時に発症するじんましんのことを言います。体の一部が冷えた時に生じる寒冷じんましんを局所性じんましん、全身が冷えた時に生じる寒冷じんましんを全身性の寒冷じんましんとよびます。
寒冷じんましんの症状は、寒冷の刺激が加わって30分以内にじんましんが出ることが特徴的ですが、じんましんが全身に拡大すると、まれに息苦しくなったり、気分が悪くなったりすることがあります。
 
  
・・・クーラーの風や水泳などで体が冷えると、全身に痒みを伴う小豆大の紅色膨疹が出現するようになった。皮疹は体が温まると30分~1時間で消たいする。海水浴の際に急に呼吸が苦しくなったこともある。・・・
(Visual Dermatology Vol.4 No.7より引用)
コメント:寒冷じんましんは、体が冷えた時に生じるじんましんのことを言います。場合によっては、じんましんの症状だけでなく、気分が悪くなったり、息苦しくなったりなどの症状が出ることもあるので注意が必要です。寒冷じんましんの症状が疑われましたら、当クリニックを受診しましょう

しみ・にきび・いぼ・水虫など皮膚の病気→http://yaplog.jp/mahirohifuka/

じんましんについてのトピックス(ブログ)→http://mahirohifuka.at.webry.info/theme/0a62131b14.html
 

おむつかぶれと似ているので注意が必要:赤ちゃんの単純ヘルペスウィルスによる感染症

 単純ヘルペスは、単純ヘルペスウィルスというウィルスが原因の感染症です。単純ヘルペスウィルスは、粘膜や外傷のある皮膚のどこにでも感染するため、おむつかぶれ(おむつ皮膚炎)の部位にも感染しやすいです。通常ウィルスの初感染では、症状がほとんどみられない不顕性感染のことが多いですが、5歳以下の乳幼児では症状が重症化しやすいです。 おむつかぶれの症状がある乳児で、年に3回も単純ヘルペスの症状がみられたという報告もあります。
今回われわれは、おむつ部に単純ヘルペスウィルス(HSV)感染症を1年間で3回発症した乳児例を経験したので報告する。
 単純ヘルペスは、粘膜や外傷のある皮膚のどこにでも感染する。・・・特に母親のHSVに対する移行抗体のない新生児や乳児では重症化しやすい。・・・初感染の場合の臨床症状は、両側外陰部に疼痛を伴う小水疱、びらんを生じ、発熱・・・
自験例の感染経路について、初回は下痢によるおむつ皮膚炎を背景として、口唇ヘルペスを有する母親の唾液の飛沫または手指を介して・・・
(日本小児皮膚科学会雑誌: 26(1); 21-24, 2007 より引用)
コメント:単純ヘルペスは、比較的よくみられる感染症です。上記の報告のように、母親が口唇ヘルペスに感染していると、母親の手指や唾液の飛沫を介して乳児のおむつ部位にヘルペスが感染してしまう可能性があります。新生児や乳児では、単純ヘルペスに対する母親からの移行抗体がないため、ヘルペスの症状が重症化しやすいです。治りが悪いおむつかぶれ(おむつ皮ふ炎)の場合、ヘルペスやカンジダ症などを疑う必要がありますので、早めに当クリニックを受診しましょう。
クリニックのホームページ →   http://www.mahirohifuka.com/

顔のかゆみが強い場合-アトピー性の白内障などに注意

 アトピーの方の皮膚炎は、かゆみが強いために患部を掻いてしまうことが多いです。特に眼のまわりを含めた顔に発疹がある方は、顔を無意識に掻いたり、こすったりしています目や目のまわりを掻いたり、こすったりなどを繰り返しているうちに、アトピー性白内障や網膜はく離が起こると考えられています。「見えにくい」、「物がぼやける」などのアトピー性の白内障や網膜はく離などによる視力低下の自覚症状は、進行して初めて気づかれるケースもありますので注意が必要です。
 顔の発疹をしっかり治せば、かゆみも生じないために、アトピー性白内障や網膜はく離になるのを防ぐことができます。その意味でも、皮膚科にかかることが重要です。


・・・加齢白内障とは異なり、アトピー性白内障では前嚢下や後嚢下に独特の混濁を示すことが多い。急激に進行し、著しい視力低下を来すこともある。・・・
・・・アトピー性白内障と同様にアトピー性網膜はく離も、皮膚炎の罹病期間が長い20歳代の顔面の皮膚炎症状が重篤な症例に好発する。患部を掻いたり、叩いたりする物理的な刺激を慢性に加えることが原因の一つと考えられている。・・・
    (Visual Dermatology Vol.6 No.10 より引用)

アトピーのブログ http://mahirohifuka.at.webry.info/theme/e824c64aef.html
クリニックのホームページ → http://www.mahirohifuka.com/
しみ・にきび・いぼ・水虫など皮ふの病気について→ http://www.mahirohifuka.com/dermatology.html

市販の塗り薬によく含まれるプロポリスのかぶれに注意!

 プロポリスは、最近マスコミにより、アトピーや糖尿病などに効くと宣伝され使われる頻度が増加しています。健康食品として、ぬり薬として使われたり、飲み薬として使用されています。
 最近、プロポリスによるかぶれの報告が増えてきています


・・・手湿疹で数回使用したことのあるブラジル産のプロポリス液を3日間塗布していたところ、症状が増悪してきたために、・・・
・・・プロポリスは以前より、感作能および感作物質の検討がなされ、その成分の中でbenzyl benzoate, benzylalcoholをはじめとして数種類の抗原物質が推定されている。
・・・柿の葉とスギナのお茶による薬疹やアロエによる接触皮膚炎などの副作用の報告もあり、プロポリス外用による接触皮膚炎の報告も年々増加の一途にある。・・・

     (皮診:29(6); 689-692より引用) 

コメント:プロポリスは、市販のぬり薬として使用されたり、健康食品の目的で飲み薬として使用されていますが、年々プロポリスによるかぶれの報告が増えています。特に、香料にアレルギーを示す方は、プロポリスでもアレルギー反応をおこす可能性が高いので注意が必要です。プロポリスによるかぶれの症状が疑われましたら、早めに当クリニックを受診するとよいでしょう

皮ふの病気について → http://www.mahirohifuka.com/dermatology.html
かぶれについてのブログ http://mahirohifuka.at.webry.info/theme/1ecc30029a.html

クリニックのホームページ → http://www.mahirohifuka.com/


にきびに漢方が効く

 毛穴がつまった状態が続きますと、にきび桿菌が毛穴の中でふえます。ふえたにきび桿菌から出される酵素の作用によって毛穴の炎症がおこり、外からみるといわゆるにきび(尋常性ざ瘡)の症状である赤いぶつぶつになります。このにきび桿菌の繁殖をおさえるために、抗生剤の内服がよく用いられますが、連用することによって耐性菌が生じてしまう可能性があります。この抗生剤内服にかわる治療法として、最近漢方薬が注目されています。漢方薬を適切に使用すれば、にきびの症状がかなり改善するといわれています 
画像

にきびや毛穴の黒ずみによく効く光治療について-最新の美容治療-レーザーではない光治療

 これまでのレーザーや光治療とは違い、皮膚を吸引しながら、マイルドな光(ブロードバンドライト)を照射するにきびに対する治療法です。 ブロードバンドライトとは、440nm~550nmに中心をもつ広域な波長をもつ光のことです。従来のレーザーや光治療に比べエネルギー量が少ない為、治療時の痛みが少ない上、赤みや腫れ、やけど等の合併症も起こりにくく、安全で治療効果の優れた治療法です。
PPxは、東三河地区を含め愛知県下でまだ台数が少ない最新の美顔治療機器です。


メカニズムと効果

ハンドピースをお肌にあてると、皮膚がやさしく吸引されます。吸引によって皮脂線が引き上がり、毛穴に詰まった皮脂、角栓や膿が排出されます。
同時にニキビに有効な波長の光をあてることで、ニキビの原因のアクネ菌を殺菌し、炎症による赤みを速やかに消失させ、ニキビを改善します。
また、過剰な皮脂分泌を抑え、毛穴を小さくする働きもあり、ニキビのでにくい肌質へと改善してくれます。

従来のレーザー 、フォトフェイシャル、ケミカルピーリングなどの治療に比べ、お肌に優しく、痛みもほとんどないスピーディーで安全性の高い、皮膚科における最新のにきび治療です。2週間に1回程度、数回の治療でにきびの改善がみられます 早い方ですと、初回の治療から効果を実感される方もいらっしゃいます。まひろ皮膚科クリニックにおいても、最新のレーザーではない光によるにきび治療(PPxアクネ)を行っておりますので、お気軽にご相談ください。

特殊な効果

 P毛穴に詰まった皮脂や角栓を取り除き、過剰な皮脂をコントロールしてくれるので、毛穴の開きや黒ずみにも効果的です。美白効果もあり、キメの整った肌に近づけてくれます。PPxアクネの吸引による効果と皮脂・メラニン・ヘモグロビンへの吸収率の高いブロードバンドライトの相乗効果により、過剰な皮脂が除去され、にきびの炎症による赤み(発赤)が速やかに引きます。

 ざ瘡に対して代表的に用いられる漢方である、十味敗毒湯、・・・を用いて単剤あるいは2剤を用いて計121症例に対してざ瘡治療を行った。・・・最終全般改善度は、紅斑、紅丘、面疱、硬結、膿疱の5項目に対してポイント制で評価した。・・・全処方合計では95例中76.8%に3ポイント以上の改善以上を認めた。これにより、漢方薬のざ瘡での投与有効性は極めて高いと評価した。・・・
      
              (産婦人科治療 Vol.92 p.566-68 より引用)
コメント:にきびに対して用いる漢方薬には、いろいろな種類のものがあります。その人の体力の程度やにきびの症状に最も適した漢方薬を選択する必要があります。当クリニックにおいても、にきびに対する漢方治療も行っておりますので、お気軽にご相談ください。また、最新の美容治療もキャンペーン価格で行っております!

クリニックのホームページ → http://www.mahirohifuka.com/

赤ちゃんに治りが悪い、環状の発赤が出現した時は要注意!

  シェーグレン症候群、全身性エリテマトーデスなどの自己免疫性疾患を有する母親から産まれた患児に、環状の発赤、血液検査の異常や心臓の病気などの症状がみられた場合、新生児エリテマトーデス(NLE)という病気が疑われます。新生児エリテマトーデスの皮ふの症状は、辺縁が堤防状に隆起した環状の発赤として認められることが多いです。生後6ヶ月までに皮ふの症状は消失するといわれています。                  

 NLEは、環状紅斑などに代表される皮ふ病変、先天性房室ブロック、肝機能障害、貧血、血小板低下などの種々の症状がみられる。心ブロック以外は母親からの移行抗体が消失する生後6ヶ月ごろに皮疹が消失することから、母親由来の抗体による疾患であると考えられている。原因となる抗体として考えられているのは・・・

                 (皮診: 25(7); 743-746, 2003 より引用)

コメント:新生児エリテマトーデスの皮ふ症状や血液検査の異常は一過性のことが多く、生後6ヶ月までに改善することが多々あります。ただ、先天性房室ブロックに代表される心臓の病気は不可逆性の変化であるため、注意深く経過を観察する必要があります。新生児エリテマトーデスの症状が疑われましたら早めに当クリニックを受診しましょう。

まひろ皮ふ科クリニックのホームページ → http://www.mahirohifuka.com/

使用を続けると、症状が強く出るかぶれ(ヘアダイによる)

 ヘアダイ(毛染め剤)は、最近はコンビニや薬局などでも入手でき、その使用により気軽に家庭で毛を染めることができます。 ヘアダイは使用するうちに、ある日突然ヘアダイの成分に対してアレルギー症状を起こすことがあります。いったん、アレルギー反応を起こすと、一生ヘアダイに対してアレルギーの体質を持ち続けることになります。最近、ヘアダイによる皮膚のトラブルがみられる方が増えているという報告があります。
 
 毛染め・脱色剤に含まれる化学物質が、アレルギー症状や皮膚炎を起こす場合があることはあまり知られていない。・・・もともと黒い髪を明るい色に長い期間変えるためには、脱色と染料を化学反応で染め付ける作用を一度に行う酸化染毛剤という永久染毛剤を使うか、脱色剤を使うのが一般的。多くの皮膚トラブルは、この二つによるものだ。酸化染毛剤にはパラフェニレンジアミン、脱色剤には過酸化水素という、かぶれを起こしやすい化学物質が含まれる。・・・化学物質を含む染毛剤、脱色剤は、初回はかぶれなくても使い続けるうち突然アレルギー症状を起こすことがあり、・・・かぶれると、頭皮が赤くかゆくなり、浸出液が出たり、・・・
(中日新聞  2007年5月4日 より引用)
コメント:ヘアダイには、化学物質(パラフェニレンジアミン、過酸化水素など)が含まれており、ヘアダイの使用を続けると、かぶれの症状やまれに喘息やアナフィラキシーショックなどの重篤な症状を引き起こすことがあります。ヘアダイによるかぶれの症状がございましたら、早めに当クリニック(専門医)を受診しましょう。

アトピー・あせも・とびひ・いぼ・しみなど皮ふの病気について → http://www.mahirohifuka.com/blog/
クリニックのホームページ →   http://www.mahirohifuka.com/

治りが悪くなる前に、いぼ・水いぼは皮膚科専門医で早めに治しましょう!

画像プラネッツ4月号に、「夏に向けて知っておきたい子供の皮膚病(とびひ・水いぼ・あせも・水虫など」)に関する記事が掲載されました。

プラネッツ/  「水いぼ」は、どういうものですか

山村先生/主に子供に見られる、ウイルスが原因の皮膚病です。症状は、肌色もしくはまわりに赤みを帯びた半球状に盛り上がったブツブツで、中が透けて白く見えるのが特徴です。

プラネッツ/ どんなところにできやすいですか?
山村先生/体中のどこにでもできますが、わきの下、おしりや首回りなど、皮膚がすれやすい部位によく認められます。かゆみを伴うことが多く、かいてしまうことにより、どんどん症状がひろがってしまうことがあります。ですから、「水いぼ」が少ないうちに治療することが大切ですね。


いぼに対する治療法は、液体窒素による治療法が一般的に行われていますが、痛みを伴うことがあります。そこで、最近皮膚科で痛みがないいぼの治療法として脚光を浴びているのが、活性型ビタミンD3軟膏を用いた治療法です。  ビタミンD3軟膏を単にぬるだけでは効果があまりないといわれているので、ビタミンD3軟膏をより浸透しやすくさせる効果をもつサリチル酸絆創膏を併用する方法がかなり有効との報告があります。 
画像
                
活性型ビタミンD3軟膏は、尋常性乾癬や掌蹠角化症などの治療に用いられる薬剤であり、その主な作用機序は表皮細胞分化誘導作用、過増殖抑制作用などと考えられている。しかし、最近ビタミンD3にアポトーシス誘導作用があることが報告され、・・・今回われわれは、通常のODTに比べ、疣贅表面を浸軟させ、ビタミンD3軟膏を組織内へ浸透させる効果がより強いサリチル酸絆創膏を併用した。本治療法は、疼痛や明らかな副作用もなく、手技も簡単で自宅で施行可能であるなど尋常性疣贅に有用な治療法と考えられる。 (臨皮: 59(13); 1339-41 より引用)
コメント:手のひらや足のうらのいぼは、種々の治療に抵抗して治りが悪いといわれています。活性型ビタミンD3軟膏とサリチル酸絆創膏を併用する治療法は、治りにくいいぼには試す価値がある治療法と思われます。いぼに関することなら、何でもお気軽に当クリニック(専門医)にご相談ください。
画像
水いぼの症状は、肌色もしくは少しまわりに赤みを帯びた半球状にもり上がったブツブツとしてみられます。表面に光沢を伴うことが多く、中がすけて白くみえるのが特徴です。比較的やわらかく、5mmよりも大きくなると中心がわずかにくぼんでみえます。水いぼをつまむと、中から白いかたまりが出てきます。体中のどこにでもできますが、わきの下や首まわりなどのお肌がすれやすい部位によく認められます。 子供同士のお肌の接触により感染したり、プールのビート板やタオルなどを介して感染すると考えられています。
  水いぼは、かゆみを伴う場合はひっかくことによりまわりの皮膚にどんどんうつってしまいますので、数が少ないうちに治してしまうことが大切です。 水いぼの治療法には、サリチル酸絆創膏を使用する方法、痛みどめのテープをはってから水いぼをとる方法、抗ウィルス剤をぬる方法、イソジン液を用いる方法、専用のピンセットを用いる方法、硝酸銀(化学薬品)を用いる方法(硝酸銀法)などがあります。
  様々な治療の中で、医療用のサリチル酸絆創膏を使用して水いぼを治す方法は、痛みが全くなく安全で、最も効果があるといわれています。当クリニック(専門医)においても、痛みが全くない水イボの治療法を行っておりますので、お気軽にご相談ください 。サリチル酸絆創膏を用いた治療法で、水いぼが確実に治るという報告があります。  硝酸銀を用いる方法(硝酸銀法)は、患部以外の皮膚に化学薬品がつき、やけど(熱傷)をおこす危険性があり、当クリニックでは行っておりません。
      
乾燥肌を放っておくと、水いぼはうつりやすくなります。ですから、日頃から保湿剤をしっかりぬってスキンケアをし、乾燥肌を治しましょう。水いぼはかゆみを伴うことが多いため、放置するとかいてしまうことにより、どんどんひろがってしまうことがよく見受けられます。ですから、水いぼの数が少ないうちに治療することが大切です。当クリニック(専門医) において、医療用のサリチル酸絆創膏を用いた、痛みがない水イボを治す治療法も行っております。サリチル酸絆創膏を用いる方法は、痛みが全くなく、水イボもよく治ります。水いぼの症状がございましたら、早めに当クリニック(専門医)を受診しましょう。 
あせも・水いぼ・とびひ・しみなど皮ふの病気について→ http://www.mahirohifuka.com/blog/
クリニックのホームページ → http://www.mahirohifuka.com/

掌蹠膿疱症の治療について-扁摘は有効なことが多い

  掌蹠膿疱症は、手のひら(手掌)や足のうら(足蹠)を中心に無菌性の水ぶくれや膿疱がたくさんみられる原因不明の慢性的な皮ふ病です。かゆみはないかあっても軽度です。慢性の経過をたどるうちに、水ぶくれや膿疱だけでなくカサカサを伴う発赤も出現します。  病因としては、病巣感染説や金属アレルギー説などがあります。病巣感染説とは、皮ふ以外の部位に原因となる感染症があり、その感染症があるために皮ふの症状が出てしまうという説です。病巣感染症として注目されているのが、慢性扁桃炎や中耳炎などの耳鼻科的疾患や慢性的な歯科的疾患です。
  最近、慢性扁桃炎の原因になる扁桃腺をとってしまうことで、掌蹠膿疱症の皮ふ症状が劇的に改善したという報告があります。 
                

  掌蹠膿疱症(以下PPPと略す)の治療を行った患者80例を口蓋扁桃摘出術(以下、扁摘と略す)施行群23例、扁摘未施行群57例に分けてPPPに対する扁摘の治療効果を検討した。
  扁摘をしてから皮疹の改善がみられ始めるまでの期間は最短で2年と個人差が見られた。6ヶ月までに皮疹の改善がみられ始めた症例が全体の約7割を占めた。
  今回の検討から扁摘によるPPPの「改善」以上を有効とした有効率は60.8%であり、扁摘は有効な治療法であると考えられた。・・・

       (日皮会誌 :114(14), 2319-2326 より引用)
コメント:掌蹠膿疱症は、慢性的で治りにくい皮ふ病です。掌蹠膿疱症に対しては、ステロイド剤やビタミンD3軟膏の外用、PUVA療法(紫外線療法)などの治療法もありますが、扁桃腺の摘出術も試みる価値がある治療法と思われます。掌蹠膿疱症の症状がございましたら、早めに当クリニックを受診するとよいでしょう。

皮ふの病気について → http://www.mahirohifuka.com/dermatology.html

お子様に多いあせも(夏に多い子供の皮膚病)

 あせもは、汗のかきすぎによって汗の通り道がつまってしまうことにより生じます。子供(特に乳幼児)は、体表面積が大人よりも狭いため、汗の腺の密度が大人より高くなり、あせもが大人よりできやすくなります。あせもの症状は、小さな赤いブツブツや小さな水ぶくれとして見られることが多く、通常かゆみを伴います。おでこ、首まわり、わきの下、股、おしりなどのすれやすい部位によくできます。汗をよくかくと、皮ふの表面の水分量が増加して、細菌がはんしょくしやすくなります。この状態が続くと、汗の出口が詰まってしまいます。この汗の出口が詰まった状態のままで更に汗をかいてしまうと汗の出る管が破裂してしまい、汗が周囲にしみ出して炎症を起こしてしまいます。この炎症を起こした状態が「あせも」です。あせもは放置すると、かゆみのためにかいてしまい、湿疹やとびひになってしまいます。ですから、あせもができたらなるべく早めに治すことが大切です。 画像 
2011年プラネッツ4月号に、「夏に向けて知っておきたい子供の皮ふ病(水いぼ・とびひ・あせも・水虫)」に関する当クリニックの記事が掲載されました!

 あせもは、できないように予防することが可能です。汗をかいたら、こまめに汗をタオルでふきとったり、シャワーで洗い流すとよいでしょう。石けんはよく泡立てて、手で優しく体を洗うことが大事です。 風呂上りにベビーパウダーを使用することは、かえって汗管をつまらせる原因となり、あせもができやすくなるため良くないと考えられています。衣服は吸湿性のよい綿の素材が基本です。室温が26℃以上になると、あせもができやすくなるといわれていますので、エアコンや扇風機などを適度に使用するとよいでしょう。ただ、エアコンなどの使いすぎは、お子様の体には良くないので気をつけましょう。 
 あせもの症状がございましたら、早めに当クリニック(専門医)を受診しましょう。


とびひ・水虫・いぼ・アトピー・しみ・にきびなど皮ふの病気について→ http://www.mahirohifuka.com/blog/
あせもに関するブログ 
http://mahirohifuka.at.webry.info/theme/590bbfda84.html                          
当クリニックのホームページ → http://www.mahirohifuka.com/   
画像 はなまる(雑誌Hanamaru)2009年5月号に、とびひに関する、当クリニックの記事が掲載されました。

治りが悪いアトピーの症状によく効く専門医の漢方薬

 漢方薬は、種々の病気に対して有効性を発揮しますが、以前より、アトピー性皮ふ炎(アトピー)、アレルギー性鼻炎や喘息などのアレルギー性疾患にも効果があるといわれています。
 小児アトピーの方の皮ふは、表皮の脂質量の減少や角質水分量の低下などが認められ、乾燥肌の状態が顕著です最近の研究で、小児アトピーの乾燥肌に有効なのが、漢方生薬である当帰および地黄の入浴療法であることがわかってきました。 大人のアトピーの方は、首より上特に顔にほてり感を伴う発赤が認められることが多いです。このアトピーのほてり感、発赤やかゆみなどの症状に対して、白虎加人参湯や梔子栢皮湯などの漢方薬が有効ということが最近の研究で明らかになってきています。当クリニック(専門医)においても、漢方薬の処方を行っておりますので、お気軽にご相談ください。

  
  小児のアトピー皮ふ、ドライスキンに対しては、当帰、地黄による漢方生薬入浴療法が臨床的に有効です。角質水分量、保湿能の改善が基礎的研究で認められています。・・・
  成人型アトピー性皮ふ炎で漢方薬の選択の目安となる局所の証としては、顔面のほてり、掻破による湿潤傾向、全身皮膚の乾燥傾向などが挙げられ、・・・
  漢方薬の選択が適切であれば、ほてりに関しては数時間で、紅斑に対しては数日から数週間で自覚症状の改
善がみられます。・・・
  白虎加人参湯および梔子栢皮湯は、アトピー性皮ふ炎に対して臨床的に有効で、皮疹の改善、および痒みの軽減がみられました。・・・
(Seminaria Dermatologie No.160 p.23-25 より引用)
画像 はなまる(雑誌Hanamaru)2006年7月号に、アトピー性皮膚炎に関する、まひろ皮膚科クリニックの記事が掲載されました。

コメント: 漢方療法はオーダーメイド医療ですので、それぞれの人に合った漢方薬を選択する必要があります。最近の研究により、ある種の漢方薬には、抗アレルギー作用やドライスキンを改善する作用があることがわかってきました。通常のぬり薬による治療や抗アレルギー剤を中心とした飲み薬による治療でアトピーの症状の改善があまりみられない場合、漢方薬は試す価値のある治療だと思います。当クリニック(専門医)においても、漢方薬の治療を行っておりますのでお気軽にご相談ください。
アトピー・あせも・水いぼ・とびひ・水虫・しみなど皮ふの病気について  → http://www.mahirohifuka.com/blog/

アトピーについてのブログ → http://mahirohifuka.at.webry.info/theme/e824c64aef.html
当クリニックのホームページ → http://www.mahirohifuka.com/

アトピーの皮膚症状に似た症状-サッカーをする子供にみられる皮膚の症状 

 日本サッカー協会に登録している選手は、サッカー競技規則で、スネ当てである「シンガード」を着用することが義務づけられています。最近この「シンガード」による皮膚炎が、サッカーをする子供たちにも増えているという皮膚科の報告があります。サッカーの練習後に、ひざ下にかゆみを伴うブツブツや湿疹の症状がみられたら、「シンガード」による皮膚炎が疑われます。「シンガード」による皮膚炎= サッカーシンガード皮膚炎は、アトピーもしくはドライスキンの子供に多いと考えられています。 
 
 アトピー性皮膚炎や皮脂欠乏を基盤にもつ小学生に生じる、サッカー競技の際に着用するシンガード(スネ当て)による両下腿伸側の皮膚炎をここ数年、数多く経験する。・・・
 シンガード皮膚炎がある学童はみな四肢を中心にドライスキンを有しており、・・・
 皮膚のバリアが健常でないことを基盤として、そこに汗により刺激、あるいはシンガードの摩擦による刺激が加わって生じている・・・
   (皮診, 29(6): 709-713, 2007 より引用)
コメント:サッカーシンガード皮膚炎は、ドライスキン、汗による刺激、シンガードが直接スネにあたることによる摩擦などが原因として発症すると考えられています。予防として、シンガードを着用する前に、ワセリンをスネに塗ったり、シンガードの下に綿のタオルを巻くことがよいという報告もあります。シンガード皮膚炎の症状がございましたら、早めに当クリニックを受診しましょう。
子供の皮膚病についてのブログ → http://mahirohifuka.at.webry.info/theme/491cd2f90c.html

クリニックのホームページ → http://www.mahirohifuka.com/




幼児や学童に多く見られるウィルスが原因の感染症(りんご病)

  伝染性紅斑は、頬がりんごのように赤くなって見えることから、りんご病とも呼ばれています。幼児や学童に多くみられるウィルスが原因の感染症で、冬から初夏にかけて保育園、幼稚園、小学校などで流行します。ヒトパルボウィルスB19というウィルスが原因です。飛沫感染が主体です。軽度の感冒様症状(微熱や体のだるさなど)がみられた後に、頬がりんごのように真っ赤にはれますしばらくすると、腕、手、もも、足の順に、発赤が網目状やレース状に現れます。発赤は軽度のかゆみやほてり感などを伴うことが多いです。通常、1週間程で発赤は治ることが多いです。
  リンゴ病の発疹は、日光に当たった後や入浴後など体が温まった際、いったん治った発赤が再燃することがあるので注意が必要です。

 ウィルス感染症が日光曝露により誘発あるいは増悪することはしばしば報告されている。単純性疱疹で皮疹が日光誘発されることは広く知られている。・・・
  従来から伝染性紅斑では皮疹消褪後は1ヶ月程度の間、日光曝露、入浴、緊張などで皮疹が再燃することが知られている。・・・(皮診: 27(8); 879-890より引用)

コメント:りんご病の発疹は、日光に当たったり、熱いふろに入ると、発疹が悪化することが多いので気をつけましょう。妊娠されている方が感染すると、胎児に感染し流早産の原因になりますので、妊娠されている方はりんご病に感染しないように気をつける必要があります。
 大人がりんご病にかかると、子供より症状が重症化しやすいと言われています。また、発疹のかゆみやほてり感が強い場合は、早めに治療を開始すると楽です。ですから、伝染性紅斑(りんご病)かなと思ったら、当クリニックで治療をうけるようにしましょう。


皮ふの病気について → http://www.mahirohifuka.com/blog/
クリニックのホームページhttp://www.mahirohifuka.com/


毎日1日1回飲む:爪水虫の飲み薬による治療法

 画像   爪水虫は、爪が白くにごったり厚くなったりするなどの症状が出ます。爪は厚いので、ぬり薬のみでは薬効成分が爪の中にまで十分到達しないため、治りが悪くなります。そこで、水虫をしっかり治すためには、患部に確実に薬効成分が届く飲み薬を併用します テルビナフィンは、アリルアミン系の抗真菌剤です。爪の中に薬効成分が移行しやすく、角質内にとどまる時間が長いので、爪の水虫に対して有効性の高い薬剤といえます。このテルビナフィンを毎日1日1回飲む治療法(連続内服療法)が、爪の水虫に対して効果があり、再発も比較的少ないという報告があります。 この報告によりますと、爪の症状が中程度までの方は3ヶ月のみ内服します。爪の症状が高度の方は、6ヶ月内服します。
   
今回我々はテルビナフィンを用いて中等症と重症の爪白癬に対して連続内服療法と間歇内服療法(パルス療法)で一定期間治療を行った。治療終了後の判定で有効以上と認めた症例に限り、その後の再発、再燃について2年間経過観察を行い、比較検討した。対象は爪白癬に罹患した22歳から77歳までの男女で、治療終了時に治療効果が確認できた各グループの合計125症例である。中等症、重症それぞれの連続内服療法と間歇内服療法を再発・再燃の発生率で比較すると、中等症では両者の差は認められず、いずれの方法も有用と考えられた。一方、重症の爪白癬では連続内服療法がより有効という結果を得た。  (西日本 63巻 6号 より引用)
画像 
2011年プラネッツ4月14日号に、まひろ皮ふ科クリニック「夏に向けて知っておきたい皮ふ病」の記事が掲載されました!

コメント:爪の水虫を治療しないままでいると、足の水虫や手の水虫が毎年再発する原因になるばかりでなく、家族やまわりの人にうつしてしまう危険性があります。テルビナフィンは薬効成分が爪に貯留しやすいので、のむのをを中止してからも爪の症状が改善して健康な爪に生えかわらせるという作用があります。薬を飲み始めてから早い人で、3ヶ月ぐらいで健康な爪が根元から生えてきますし、遅くとも半年から1年程で健康な爪に生えかわります。 当クリニックでも爪の水虫によく効く飲み薬を処方しておりますのでお気軽にご相談ください!爪水虫は、ジェネリック医薬品で十分治ります!

とびひ・あせも・いぼ・しみなど皮ふの病気 → http://www.mahirohifuka.com/dermatology.html
クリニックのホームページ 
→ http://www.mahirohifuka.com/

子供に多い水ぼうそう

水ぼうそう(水痘)は、水痘・帯状疱疹ウィルスというウィルスが原因の感染症です。2歳~10歳ぐらいまでの子供に多くみられます。幼稚園や保育園、学校などで集団感染します。発赤は半日~1日程で全身にひろがります。発赤はやがて水ぶくれになります。数日の経過で水ぶくれはかさぶたになります。かゆみを伴うことが多いです。発疹だけでなく、体がだるくなったり、37度~38度台の熱が出ることもしばしばみられます。
画像
 帯状疱疹にかかっている人(親や祖父母など)の発疹に直接接触することによって、子供に水ぼうそうの症状がうつってしまうことは昔からよく知られています。最近では、帯状疱疹の皮疹との接触感染だけでなく、咳や唾液などの飛沫感染によっても水ぼうそうにかかってしまう可能性があることがわかってきました
 ・・・普通の帯状疱疹では接触感染でしか感染せず、帯状疱疹の皮疹部および上気道からの飛沫感染はないとされてきた。・・・しかし最近、水痘・帯状疱疹ウィルスゲノムが非汎発性帯状疱疹患者の周囲の環境中に証明され、患者の皮膚病変、上気道からは飛沫感染の可能性があることが報告されている。・・・
(皮臨 45(5): 979-982 より引用)
画像コメント:帯状疱疹と水ぼうそうは、同じウィルスが原因の皮膚病なので、帯状疱疹にかかった人のそばにいることによって、水ぼうそうにかかったことのない子供が水ぼうそうにかかってしまうリスクがあります。水ぼうそうの発疹に対しては、炎症やかゆみをおさえるぬり薬を外用します。症状が出始めた頃、水ぼうそう(水痘)のウィルスによく効く飲み薬を早めに内服すると症状が軽くすみます。 水ぼうそうの症状が疑われましたら、当クリニック(専門医) を受診しましょう。


水虫・とびひ・あせも・いぼ・しみなど皮ふの病気について→ http://www.mahirohifuka.com/blog/
水ぼうそうに関するブログ
http://mahirohifuka.at.webry.info/theme/e07c61ded5.html
クリニックのホームページ →  http://www.mahirohifuka.com/

白斑(尋常性白斑)には、皮膚科専門医のビタミンD3外用剤が効く!

  尋常性白斑は、生まれつきではなく後天的に皮膚の色が様々な大きさで、部分的に抜けて白くなる病気です。俗に、「しろなまず」とも呼ばれています。白斑(色が白くぬけたところ)は、顔、頭部、口の中などの粘膜も含めて全身のどこにでも生じます。白斑の大きさはまちまちで、円形や楕円形、木の葉の形など様々な形をとります。かゆみや痛みなどの自覚症状はほとんどありません。頭の毛の生えている部分に白斑ができると、そこから生える毛は白髪になります。ビタミンD3製剤の外用、ステロイド剤の外用、ナローバンドUVB、PUVA療法などの治療法がありますが、最近ビタミンD3外用剤で治るという報告が増えてきています。 

   スタンダードな治療法としてトプシム軟膏を代表するステロイド外用、PUVA療法、時に手術療法(皮膚移植)があげられる。・・・プロトピック軟膏は紫外線療法と併用することが禁忌であるため、治療の選択肢という意味ではビタミンD3外用剤のほうが使いやすい。すなわちビタミンD3外用剤はPUVA療法、narrowband UVB療法と組み合わせることができる。

          (Visual Dermatalogy Vol.4 No.3, 2005 より引用)

コメント:ビタミンD3外用剤は、副作用もほとんどないので、白斑の治療として使いやすい薬剤だと思います。ナローバンドUVB療法と組み合わせて使用するとより治療効果が高まると思われます。まひろ皮膚科クリニック(皮膚科専門医)においても、ナローバンドUVB療法を行っておりますので、お気軽にご相談ください。

クリニックのホームページ → http://www.mahirohifuka.com/
白斑について http://www.mahirohifuka.com/blog/
白斑についのブログ http://mahirohifuka.at.webry.info/theme/3c6dfc53c0.html

子供の円形脱毛症にはナローバンドUVB療法が効く!

   円形脱毛症は、あらゆる年令層の人に発生し、脱毛症(毛がぬける病気)の中では比較的頻度が高いものと考えられています。 髪の毛が突然円形の形で脱毛してしまいます。かゆみや痛みなどの自覚症状がないことが多いですが、むずむずやピリピリ感といった違和感を伴うこともまれにあります
  病因としては、自己免疫異常説が有力となっています。自己免疫異常説をうらづける理由として、円形脱毛症の患者さんの血液中には、しばしば免疫異常を示す自己抗体(抗核抗体や甲状腺抗体など)がみつかることがあげられます。発症年齢が早い小児の円形脱毛症の場合、症状は重症化かつ長期化しやすく、家族内発生をみることが多いです。
  治りが悪い円形脱毛症には、ナローバンドUVB療法が効くといわれています。 


  円形脱毛症においては、潜在的慢性甲状腺炎の検査を行うことは、円形脱毛症と甲状腺疾患の関連を検討する上で必要であると結論づけている。・・・
  Colombeらは発症年齢が早い円形脱毛症患者は重症化、長期化し易く、家族歴を持つ場合が多いと述べている。本症の遺伝的統計結果は報告によりかなりのばらつきがあるが、10~42%の家族内発生があるとされている。・・・
       (日皮会誌 114(11) p.1793-97より引用)

コメント:治りが悪い円形脱毛症は、小児に比較的多い といわれています。円形脱毛症の病因としては、遺伝的因子や抗甲状腺抗体をはじめとする自己免疫的因子が深く関与していると考えられています。自己免疫異常の有無は、血液検査で容易に検査できます。最近、円形脱毛症に対して、ナローバンドUVB療法が有効との報告があります。お子さんの円形脱毛症の症状がございましたら、当クリニックにお気軽にご相談ください。

クリニックのホームページ → http://www.mahirohifuka.com/

赤くなったり、みずぶくれになったり、はれたりする:蚊の症状

   蚊は日本全国どこにでもみられる昆虫です。市街地では、アカイエカやヒトスジシマカによる被害が多く、農村部ではオオクロヤブカやユガタアカイエカなどによる被害がよくみられます。お子様の場合、特に顔や手などを蚊にさされることが多いです。
 人は蚊にさされると、さされた部位に一致してかゆみを伴う炎症反応が起こりますが、これは蚊に吸血された際に皮ふに入る蚊の唾液腺物質に対してアレルギー反応を起こすためです
 蚊にさされた後の炎症反応には、大きく分けて2種類の反応あります。すなわち、さされてすぐにみられるかゆみを伴う発赤(即時型反応)とさされて1~2日たった後にみられる腫れを伴う反応(遅延型反応)です。乳児期では、遅延型反応がよくみられ、さされた部位が水ぶくれになったり、赤く腫れたりします。学童期になると、即時型反応と遅延型反応の両方が認められるようになります。蚊にさされたら早めの治療が大切です。当クリニック(専門医)でも虫さされによく効くぬり薬を処方していますので、お気軽にご相談ください。 
 
画像


・・・乳児期~学童期の蚊刺症では、かなり激しい遅延型反応を生ずる場合があり、自験例のように水疱形成や強い腫脹を伴うこともまれではない。多くの場合、個々の症状は通常は1から2週以内に軽快し、反応自体も年齢が進むにしたがって次第に軽くなるので心配する必要はない。しかし、蚊の刺咬後に38から40度の発熱を伴い、局所に水疱や血疱を形成した後に潰瘍化して、治癒までに1ヵ月近くを要して瘢痕となうような場合は蚊刺過敏症とよばれており、要注意である。・・・               (Visual Derma Vol4. No6 : 570-71 参考)

画像 
2011年プラネッツ4月14日号に、当クリニックの「夏に向けて知っておきたい子供の皮膚病(水いぼ・とびひ・あせも・水虫)」に関する記事が掲載されました!
コメント:蚊による虫さされは、お子様の場合、はれを伴う発赤や水ぶくれなどの症状を伴うことが多いです。通常は適切に治療を行えば、1~2週以内に症状は改善します。ところが、まれに38~40度の発熱を伴ったり、水ぶくれがつぶれて潰瘍になってしまうといった激しい症状が出てしまう方がいます。こういった症状は、将来白血病になる恐れがあると言われていますので注意が必要です。
 蚊にさされたら早めの治療が大切です。かゆみのためにかいてしまうと、とびひになってしまう可能性があります。赤みやかゆみが強い場合は専門医のぬり薬が効果的です。蚊による症状が疑われましたら、早めに当クリニック(専門医)にかかりましょう!  

あせも・とびひ・いぼ・水いぼなど皮ふの病気について→  http://www.mahirohifuka.com/infant.html
クリニックのホームページ →   http://www.mahirohifuka.com/

ほくろや皮ふがんの診断:ダーモスコープが有用

  ダーモスコープという器械を用いると、ほくろや皮ふがんなどの腫瘍表面を10~20倍拡大して、表皮(皮ふの表面)だけでなく、真皮(表皮の下の層)にある病変も詳しく見ることができます。ダーモスコープを用いると、ほくろ(母斑細胞母斑)や老人性いぼ(脂漏性角化症)などの良性腫瘍の診断も比較的容易に行えます。
  ボーエン病は、赤色~褐色調の少し隆起した悪性腫瘍(皮ふがん)です。不規則な形をしていて、鱗屑(りんせつ)や痂皮(かさぶた)を伴うことが多いです。高齢者の下腿に好発する皮ふがんです。このボーエン病も、ダーモスコープで切除する前にある程度診断がつくといわれています。
    

  Bowen病に特徴的なダーモスコピー所見の一つとして、本症例でも認められた規則的に配列する多数のdotted vesselsとglomerular vesselsがあげられる。後者の所見は、Bowen病の90%にみられ、・・・

             (Visual Dermatalogy Vol.6 No.3, 2007 より引用)

コメント: ダーモスコープを用いると、ほくろ(母斑細胞母斑)や老人性いぼ(脂漏性角化症)などの良性腫瘍の診断も比較的容易に行えます。当クリニックでも、ダーモスコープを用いて皮ふ腫瘍を診ておりますので、お気軽にご相談ください。

当クリニックのホームページ → http://www.mahirohifuka.com/

はなまる(雑誌Hanamaru)2009年5月号掲載:子供に多いとびひについて

画像2011年プラネッツ4月号に、まひろ皮ふ科クリニック「夏に向けて知っておきたい子供の皮膚病(とびひ・水いぼ・あせも・水虫)」に関する記事が掲載されました!

毎日を健康に暮らすために、普段から知っておきたい病気があります。
子供の皮膚病もその一つ。
気温が上がり湿度が高くなるこれからの季節、かかりやすい皮膚病と生活上の注意点について、

まひろ皮ふ科クリニックの山村真弘先生に伺ってきました。

プラネッツ/「とびひ」は、どんな病気ですか? 画像

山村先生/虫さされ、あせも、湿疹などをかきこわした傷口や擦り傷があると、黄色ブドウ球菌や連鎖球菌などの細菌が皮膚の表面で繁殖し、「とびひ」になります。5月ごろから夏にかけて、皮膚の抵抗力が弱い子、とくに乳幼児に多くみられますね。最初に、顔、体、手、足などに水ぶくれができます。 水ぶくれをかいてしまうと、皮膚がジュクジュクになります。「とびひ」は、感染力が強いので、ジュクジュクになると他の部位にうつってしまいます。

プラネッツ/どんな治療をするのですか?

山村先生/抗生剤の入った軟膏を患部にぬったり、抗生剤の飲み薬も内服します。「とびひ」の治りが悪い場合は、細菌培養検査を行います。この検査は、当クリニックでも行っています。

画像 とびひは主に5月頃から夏にかけて、皮ふの抵抗力が弱い子供に多く見られる病気です。虫さされ、あせもや湿疹などをかきこわした傷口やすり傷などがあると、黄色ブドウ球菌や連鎖球菌などの細菌がひふの表面で繁殖して起こります。発疹はかゆみを伴うことが多いため、ひっかくことによりひどくなります。乾燥肌やアトピーのお子さんは、皮ふのバリア機能が低下しているため、とびひにかかりやすいです。とびひを治すには、適切な治療と正しいスキンケアが大切です。   

画像

はなまる(雑誌Hanamaru)2009年5月号に、とびひに関する当クリニック(専門医)の記事が掲載されました。
 
 
・・・局所の細菌数を減少させ、治癒を早めることを目的とする。そこで、疼痛軽減後より病変部は石けんをよく泡立てて、泡で洗うようにやさしく洗浄する。・・・洗浄後は、シャワーで石鹸成分が残らないように十分すすぐ。浴槽につかることは禁止する。・・・シャワー浴の後は、タオルをやさしく押し当て水分が残らないようにふき取り、原因菌に感受性のある抗生物質軟膏を外用する。なお、消毒薬は不要である。・・・
    (MB Derma, 95: 24-28より引用)

コメント:とびひがしっかり治るまでは、プールやおふろに入らないようにしましょう。とびひの患部は、石けんをよく泡立てて、泡で洗うようにやさしく洗浄するとよいでしょう。シャワー浴後、タオルでやさしく水分をふき取ってから、ぬり薬を外用しましょう。当クリニック(専門医)では、とびひによく効くぬり薬や飲み薬を処方していますとびひの症状がございましたら、早めに当クリニック(専門医)を受診しましょう。

治りがわるい、かゆみを伴うシイタケによる皮ふ炎

   シイタケ皮ふ炎は、シイタケを摂取後に激しいかゆみと共に、ひっかいたあとに一致して全身に線状の発赤の症状がでる皮ふ炎のことをいいます。じんましんに似た皮ふの症状がみられます。かゆみが強いことが特徴ですので、初期より飲み薬を内服して、かゆみを抑えることが重要です。  

本症は生シイタケを焼いたものを食べて発症することが多いが、生シイタケや乾燥シイタケを煮たものを食べることでも出現する。また健康のため乾燥シイタケを水に浸け、その抽出液を飲むことでも発症する。本症の原因に関しては、十分に煮たシイタケでは発症しないことから、シイタケの加熱により容易に破壊される物質と推測されている。
               (皮ふ病診療:26(8); 963-966より引用) 

コメント:シイタケ皮ふ炎は、シイタケをよく焼くかもしくは煮るかで発症しなくなります。シイタケに含まれる何らかの物質によるアレルギーが関与している可能性があります。調理不足のシイタケを食べた後、全身にかゆみを伴う線状の発赤が出現したらシイタケ皮ふ炎が疑われますので、早めに当クリニックを受診するとよいでしょう

しみ・いぼ・水虫・あせも・アトピーなど皮ふの病気→ http://www.mahirohifuka.com/dermatology.html

食物アレルギーに関するブログ→ http://mahirohifuka.at.webry.info/theme/9e64b1f1f8.html

クリニックのホームページ → http://www.mahirohifuka.com/

皮ふが白くなる、しろなまず(白斑)によく効く光治療

尋常性白斑(しろなまず)は、生まれつきではなく後天的に皮ふの色が様々な大きさで、部分的に白くなる病気です。俗に、「しろなまず」とも呼ばれています。白斑は、顔、頭部、口の中などの粘膜も含めて全身のどこにでも生じます。白斑の大きさはまちまちで、円形や楕円形、木の葉の形など様々な形をとります。かゆみや痛みなどの自覚症状はほとんどありません。子供では、5~6歳で発症することが多いようです。 ビタミンD3製剤の外用、ステロイド剤の外用、ナローバンドUVB、PUVA療法などの治療法がありますが、最近開発されたナローバンドUVB療法という光線療法が子供の白斑に有効という報告が増えてきています。  
画像

   ・・・当科を受診した尋常性白斑の患児で光線療法を希望し、通院が可能な5名を対象とした。ナローバンドUVB療法を施行した5症例すべてに治療効果が得られた。・・・ナローバンドUVB療法は、周囲皮膚の色素沈着を生じることもなく、また治療後の遮光の必要もない。・・・安全性が高いため、妊婦や小児にも適用できる。・・・(日小皮会誌 Vol.24 No.1 より引用)

コメント:白斑は、原因不明の色素脱失が認められる皮ふ病です。最近開発されたナローバンドUVB療法は安全性が高く、大人の白斑だけでなく、上記の報告のように子供の白斑にも有効と言われています。当クリニック(専門医)においても、ナローバンドUVB療法を行っておりますので、白斑の症状がございましたら、お気軽にご相談ください。

あせも・とびひ・いぼ・水虫・アトピーなど皮ふの病気について → http://www.mahirohifuka.com/blog/
白斑のブログ →http://mahirohifuka.at.webry.info/theme/3c6dfc53c0.html
当クリニックのホームページ → http://www.mahirohifuka.com/

かゆみ、腫れや痛みを伴う、ケムシによる虫さされ

  ケムシによる虫さされは、チョウやガの幼虫にさされた時に生じます毛虫による症状は、ドクガ類やイラガ類などの幼虫でおこります。5月~9月にかけてよくみられます。
  画像 ドクガ類による有毒毛にさされると、すぐにじんましんの症状が出て、1~2日後にさされた部位に一致して赤いブツブツが出てきます。    イラガ類による有毒毛にさされると、さされた瞬間ピリピリした痛みが出現します。翌日には痛みを伴う発赤や腫れる症状が認められます。  
  画像

   チャドクガは、本州、四国、九州に分布し、幼虫はツバキやサザンカ、チャなどの葉を食べる。都市部や市街地の公園、人家の庭などに植えられているツバキやサザンカで発生することが多く・・・。・・・臨床像は特徴的で、激しい痛みを伴う紅斑性丘疹が多発し、通常は皮疹の集ぞくする部分と散在する部分が認められるので診断は容易である。
    ヒロヘリアオイラガは関東以西に生息するイラガ科のガであり、とくに西日本では市街地に大変多い種である。成虫は6月と8月ごろの年2回出現し、まゆで越冬する。幼虫は年2回、7~8月と9~10月に出現し、サクラ(ソメイヨシノ)、バラ、クスノキ、エノキ、ハナミズキ、カエデ、カキなど種々の広葉樹の葉を食べる。公園の緑化に用いられる樹木や庭木などで発生することが多いので、人に触れる機会が多く、・・・ (Visual Dermatology Vol.4 No.6 より引用)
画像コメント:毛虫による症状は特徴的なので、比較的診断は容易です。毛虫の発生する時期は、ツバキ、サザンカ、サクラ、バラ、ハナミズキなどの樹木や庭木などに近づかないように気をつけましょう。ケムシによる虫刺されが疑われましたら、早めに当クリニック(専門医)にかかりましょう!

画像 
2011年プラネッツ4月14日号に、当クリニックの「夏に向けて知っておきたい子供の皮膚病(水いぼ・とびひ・あせも・水虫)」に関する記事が掲載されました!

いぼ・しみ・にきび・アトピーなど皮ふの病気 →http://www.mahirohifuka.com/dermatology.html
クリニックのホームページ →   http://www.mahirohifuka.com/

アトピーの皮ふ症状は、かかなければ改善する

  アトピー性皮ふ炎の方の大部分は、日常生活におけるストレスの増加と発疹の悪化が相関していると考えられています。ストレスを感じるとイライラしてしまい、つい掻いてしまうという方も多いようです。このつい掻いてしまうという行動を「掻破行動」といいます。この掻破行動が習慣化して精神的依存が強まると、アトピーの発疹は治りにくくなると考えられています。逆に、この掻破行動に気づき、「掻くという癖」をコントロールすることにより皮膚症状が劇的に改善するといわれています。  
    
     掻破はアトピー性皮膚炎の重大な悪化因子であり、痒みと掻破の悪循環(itchy-scratch cycle)により皮疹が悪化すると考えられてきた。しかし皮膚の痒みに限らず、怒りや緊張などを感じた時に掻破行動がおこることがある。掻くことには気が紛れる、落ち着くなどの精神的快感があり、無意識に掻いていることも多い。このような掻破行動は次第に習慣化して朝夕日課のように行われるようになり、精神的依存が強まって、掻かないとイライラしたり掻き出すとなかなか止められないという制御しがたい状態になることがある。・・・

             (Visual Dermatology Vol.4 No.5, 2005 より引用)

コメント:アトピーの方は、緊張した時、不安なとき、疲れた時などに無意識に掻いている方が多いようです。掻破行動は、掻くこと以外の行動に目を向けることによって少しずつ減少します。掻破行動が減少すれば、皮ふの状態も自ずと良くなり、アトピーの発疹も改善すると思われます。もちろん、スキンケアを怠らないことも大事です。アトピーの皮ふ症状は、正しいスキンケアを毎日欠かさず行うことにより、皮ふ症状の悪化を防ぐことが可能です。その意味でも、専門医を受診しましょう。 

非ステロイド剤は、アトピー性皮ふ炎を悪化させる可能性がある!

   以前より非ステロイド剤(解熱鎮痛剤)が気管支喘息・じんましんなどのアレルギー性疾患を悪化させる可能性があることはよく知られています。最近の研究では、非ステロイド剤(解熱鎮痛剤)を頻回に使用すると、自然免疫(病原体の侵入に対して真っ先に働く免疫のこと)がうまく働かなくなることがわかってきました。この自然免疫がうまく働かない状態が続くと、自然免疫に続いておこる獲得免疫にも異常がおこります。その結果、獲得免疫がうまく働かない分、抵抗力が低下してかぜや最近感染症などの感染症にかかりやすくなります。感染症にかかりやすくなるだけでなく、アレルギーが強く出る反応(Th2優位の反応)がより強く出ることもわかってきました。つまり、非ステロイド剤(解熱鎮痛剤)の使い過ぎは、アレルギー反応を強くしてしまうおそれがあるということです。

  自然免疫とは未分化な生物にも備わっている免疫機構のことであり、病原体の侵入に際して獲得免疫に先立って第一線で働く。自然免疫に属する細胞は、マクロファージ、樹状細胞、NK細胞、γδT細胞、好中球、ケラチノサイトなどであり、病原体の侵入によりこれらの細胞は活性化され、後に続く獲得免疫の方向性を決定するという重要な役割を果たす。このように感染に際してまず活性化されるのが自然免疫であり、それが発達するのが乳幼児期であることを考えれば、これらの時期の感染機会の減少は自然免疫の発達を著しく損なうであろうことは自明の理である。
  NSAIDs(非ステロイド消炎薬)外用薬は、・・・しかしNSAIDsが気管支喘息、じんましんなどのアレルギー性疾患を増悪させる作用を有していることはよく知られている。
  そこで、我々は、健常人末梢血リンパ球にさまざまなNSAIDsを加えることにより、完成したAD(アトピー)患者に認められる自然免疫の異常が再現できないだろうか、と考えた。その際、最も小児に対して多く用いられている外用薬であるブフェキサマックが、健常人の自然免疫担当細胞のサイトカイン産生パターンと同じ結果、すなわち著明な抑制がみられたのである。同様の結果は、抑制の程度は弱いものの、インドメタシン、アセトアミノフェンなどでも確認された。
  この結果は、自然免疫が働かねばならない感染時にNSAIDsが頻回に投与されれば、自然免疫が抑制され、自覚症状は良くなるものの、後に続く獲得免疫反応はさらにTh2にシフトしてしまうことを示している。もし小児期にそれが繰り返されれば、本来AD素因のない人でもADになっていく危険性が増えるであろう。・・・

             (日本小児皮ふ科学会雑誌: 25(2); 62-65, 2006 より引用)

コメント:非ステロイド剤を使用するうちに自然免疫や獲得免疫がうまく働かないため、アレルギー反応がその結果として強く出てしまう可能性があることが、最近わかってきました。その意味でも、自然免疫を程よく発達させるためには、非ステロイド剤の使用は最小限にして自己免疫力を高める必要があるかもしれません。


アトピーについてのブログ → http://mahirohifuka.at.webry.info/theme/e824c64aef.html

ホームページ →   http://www.mahirohifuka.com/

ピアスによる皮膚のトラブル:金属アレルギー・化膿

  ピアスは、ネックレス・指輪などと同様に、金属アレルギーを起こす原因になりますので注意が必要です。いったん金属アレルギーを起こすと、その金属に対して一生アレルギーの状態が続くため、アレルギーの原因となる金属を一生さけなければなりません。
 ピアスをするということはピアスの穴が閉じるのに1ヶ月程かかりますので、その間金属が直接体内に触れることになります。体内に触れている期間は、金属が金属イオンになっているためにアレルギーを起こしやすくなると考えられています 金属の中でも、ニッケル、スズ、コバルト、白金やクロムなどがアレルギーを起こしやすいと言われていますので、これらの金属をピアスやネックレスなどのアクセサリーとして使用することは不適切と思われます。 最近、へそにするピアスもはやっていますが、耳のピアスと同様に、アレルギーを起こしたり、化膿したりするなどの皮膚障害の報告が徐々に増えています。 
  
 
 へそ上端にピアスをしたところ、紅斑、疼痛、膿汁排出あり、2ヵ月後へそピアスは自然に脱落した。・・・3年後に耳ピアスをして皮膚炎を生じ、ついでネックレス、ブレスレットでも掻痒性紅斑を生じた。その後、へそ下端にピアスをして炎症を起こし、・・・
 ニッケルやクロムは人の皮膚にあまり触れない建築資材や自動車、船舶エンジンなどの部品としては耐久性や強度を増し、腐食を防止するうえで大いに使われべきであろう。しかし、その強い感作性からみて、ピアスをはじめとする人の皮膚に直接触れるアクセサリーやコインには不適当といわざるをえない。・・・
   
                 (皮診, 29(7): 797-800, 2007 より引用)

コメント:金属の中でも、ニッケル、スズ、コバルト、白金やクロムなどはアレルギーを起こしやすく、ピアスには不適切と考えられます。ピアスによる皮膚の障害は、ピアスそのものに対する金属アレルギーの症状だけでなく、ピアス後の不適切な処置による化膿や耳の変形や瘢痕形成といった症状などもみられます。その意味でも、ピアスをすることは、皮膚の健康のためにも良くないといえるでしょう。

当クリニックのホームページ → http://www.mahirohifuka.com/

おしりや肘などにも手足口病の発疹がみられることがある!

  手足口病は、乳幼児や学童によくみられるウィルス性の感染症です。典型的な発疹は、手足に見られる発赤を少し伴う小さい水ぶくれと口内炎ですが、手足以外(おしりや膝など)にも発疹が認められることがあります。
  
  手足口病はエンテロウィルス感染症の一型で、手・足・口腔内に発疹が好発するため、俗にこう呼ばれている。エンテロウィルスは糞便などの排泄物を介し、経口的に、または飛沫によって経気道的に感染する。不顕性感染も多く、軽度の感冒症状のみで経過し、あとでその周辺に手足口病患者が発生することもある。
  乳幼児に好発するが、子供が保育施設で感染し、その親にうつしてしまう例がある。潜伏期は3~5日ほどである。手足口病では、腸管で増殖したウィルスが糞便に排泄されるほか、咽頭、皮膚の水疱内容にもウィルスを証明できる。
  その皮疹は、主に手掌・足せきに小水疱・小紅斑・小丘疹を生じるが、肘頭・膝蓋・臀部にも紅色丘疹・水疱が生じることも少なくない。掌せきの水疱は長軸が皮丘・皮溝に一致する楕円形であるが、肘頭・膝蓋・臀部では円形ないし類円形を呈する。口腔内では、口腔粘膜や舌にアフタ・小潰瘍を形成する。疼痛が強くて、小児や乳児では、歩行困難、食物・水分摂取不可能にまでなる場合がある。経過は数日から1週間ほどで乾燥し、痂皮化する。
         (Visual Dermatology Vol.6 No.2 2007 より引用)
コメント:手足口病は、まれに髄膜炎や心筋炎を合併することがあり、注意が必要です。特に、38度以上の熱が出たり、体のだるさが続いたり、下痢や嘔吐などの消化器症状が続くようなら要注意です。ウィルスは、のどより数週間、糞便からは約1ヶ月程排泄されるため、うがいや手洗いをしっかりすることが大事です。
 
まひろ皮ふ科クリニック ホームページ → http://www.mahirohifuka.com/

帯状疱疹は複数の部位に同時に発症することもある

  帯状疱疹は、ストレスや加齢などで免疫力が低下した時に、チクチク・ピリピリといった痛みを伴う発疹(発赤を伴う水ぶくれ)が見られる病気です。発疹は神経節の支配領域に沿って体の片側(片側性)に見られますしかし、まれに同時に全く離れた複数の神経支配領域に沿って発疹が現れることがあります。

  帯状疱疹は、小児期に水痘に罹患し、このときに神経節に潜伏した水痘・帯状疱疹ウィルスが長期間を経て再活性化して発症する。すなわち、水痘罹患の際にウィルス血症を生じ、さらに脊髄後根神経節に潜伏感染したウィルスが宿主の免疫低下時や手術、放射線治療などの侵襲をきっかけに再活性化し発症するものとされている。通常は1つ、または隣接する神経支配領域にわたって片側性に出現するが、まれに隣接しないまったく離れた複数の神経支配領域に出現することがある。複数または多発性の帯状疱疹はきわめて珍しく、帯状疱疹全体の0.1%前後といわれている。一般的に複発性帯状疱疹は重症のイメージがあるが、過去の報告からも合併症のない症例では発症後2週間前後で略治したという症例がほとんどであり、通常の帯状疱疹の臨床経過、予後と差がないようである。
                      (皮診: 28(10); 1169-72, 2006 )

コメント:帯状疱疹は、水痘(水ぼうそう)にかかったことのある人なら、誰でも発症する可能性があります。疲労やストレス、加齢などが原因で、神経節に潜んでいた水痘・帯状疱疹ウィルスが再活性化することによって発症すると考えられています。帯状疱疹にかかった後無理すると、神経痛の症状が長引いてしまいますので無理せずにできる限り体を休めるようにしましょう。

手の水虫は、足の水虫を合併しないこともある

    一般的に手の水虫(白癬)は、足の水虫(白癬)を合併していることが多いです。足の水虫を放置すると手の水虫になりやすいともいわれていますが、中には足の水虫の症状がないのに手の水虫の症状が認められる場合もありますいわゆる健康ブームで最近「足裏つぼマッサージ」がはやっていますが、マッサージの仕事がきっかけで手に水虫がうつってしまう方もいるようです。  

   手白癬は全般的に多くが片側性で、角化型が小水疱型よりやや多く、足白癬の合併を高頻度に認めるといえる。したがって、今回報告した症例は、若年者であること、足白癬の合併がないこと、手指背側のみに生じていること、また病変から・・・など手の白癬の中ではまれな症例と考えられた。・・・
    昨今の健康増進ブームと、いわゆるフットケアの重要性の認識が高まるにつれて、足白癬に触れるパラメディカルやエステ、マッサージに携わる人たちも少なくない・・・

             (皮診: 29(4);389-392, 2007 より引用)
コメント:健康ブームの影響で、素足で足裏のつぼをマッサージすることがはやっていますが、足の水虫(白癬)が手にうつってしまう可能性があることを常に念頭におく必要があるかと思われます。手の水虫が疑われましたら、早めに当クリニックを受診しましょう!
クリニック ホームページ →   http://www.mahirohifuka.com/

スポーツ選手の間で流行する体部白癬(たむし)

 最近、柔道部員やレスリング部員間で、相次いで集団発生している体部白癬(たむし)は、Trichophyton tonsuransという白癬菌(たむし菌)によるものが多いです。 
 
体部白癬は、柔道着で擦れる顔面、頚部、上半身に単発あるいは複数認め、直径1~2cmの小さなものが多い。かさかさしたピンク色の斑で、よく見ると、中央部は治癒して環状になる。毛内への感染が認められた場合は、内服治療が必要である。
(Visual Dermatology Vol.5より引用)
 
コメント:Trichophyton tonsuransは、柔道やレスリングなどの格闘技選手間で流行します。選手の中には、アタマに自覚症状がなくても、菌の保有者(キャリアー)になっているケースもあります。感染力が比較的強い菌なので、注意が必要です。症状が疑われる方は、専門医の受診をお勧めします。

乾燥肌・アトピー・しみ・にきび・いぼなど皮膚の病気 → http://www.mahirohifuka.com/dermatology.html
クリニックのホームページ  →  http://www.mahirohifuka.com/

乳幼児の発疹(腕や関節)は、アトピー(アトピー性皮膚炎)の徴候

コペンハーゲン大学(デンマーク)の博士らは、乳幼児健診のデータを分析した。その結果、腕や関節に発疹のある乳幼児は、3才までにアトピーを発症する可能性が高いというデータが出た。 
 
博士らは、喘息の既往歴がある母親から生まれた乳幼児411人におけるアトピーの発症と経過について評価を行った。母親の半数近くは、アトピーの既往歴もあった。411人中356人が検診期間を満了し、このうち155人(44%)は3才までに発症した。アトピーを発症した乳幼児の発疹は、頭、顔、首などから始まり、四肢の伸展部、体全体に広がり、最後には関節に及んだ。初期の発疹が腕や関節にある場合、その後アトピーを発症する人が多かった。
 (Archives of Dermatology 2006;142:561-566より引用)

コメント: 乳幼児におけるアトピーは、患児がかゆみを訴えることができない場合も多いので、診断が難しいことがありますが、発症初期より腕や関節に発疹がある場合は、アトピーの発症が予想されますので、早めに皮膚科を受診しましょう。

アトピーについてのブログ → http://mahirohifuka.at.webry.info/theme/e824c64aef.html

アトピーには、ヨーグルトに含まれる特定の乳酸菌が有効?

カスピ海ヨーグルトは、独特の粘りで知られていますが、食品メーカー(フジッコ)によると、このヨーグルトに含まれる特定の乳酸菌に、アトピーの悪化を抑える作用があるということがマウスによる実験でわかったとのことです。 
 
背中に薬を塗ってアトピー性皮膚炎を起こしたマウスで実験。カスピ海ヨーグルトに含まれる乳酸菌「クレモリスFC株」を食べさせなかったマウスは、炎症部分の皮膚の厚みが正常のマウスの約1.8倍になった。一方、「クレモリスFC株」をえさに混ぜて与えたマウスは1.5倍以下に抑えられたという。 
(中日新聞 朝刊 2007.3.14より引用)


コメント:この「クレモリスFC株」という乳酸菌は、何らかの抗アレルギー作用を示して、アトピーの炎症を抑えるのかもしれません。今後は、人体での反応も調べたいということなので、今後はその結果が待たれるところです。

アトピーについてのブログ → http://mahirohifuka.at.webry.info/theme/e824c64aef.html

まひろ皮ふ科クリニック ホームページ  →  http://www.mahirohifuka.com/

アトピーはスキンケアが大事!-「はなまる」の2006年7月号に紹介

 アトピーの方は、湿疹が顔や首、肘の内側、膝の裏側などに現れます。かゆみが非常に強く、湿疹が良くなったり悪くなったりを繰り返すのが特徴です。乳幼児期では、食べ物のアレルギー(小麦や卵白など)が関係することが多いですが、3才以降は、ダニやハウスダストなどに対するアレルギーが重要になってきます。
 
画像


アトピーの方は、乾燥肌(ドライスキン)のためにお肌がちょっとした刺激で敏感な状態になっています。そこで、保湿剤を定期的に塗って、乾燥肌を改善する必要があります。このスキンケアを怠ると湿疹が出やすくなりますので、毎日欠かさず行うようにしましょう。


 アトピーについてのブログ → http://mahirohifuka.at.webry.info/theme/e824c64aef.html

日常生活でのアトピー対策についての詳細は、雑誌「はなまる」の2006年7月号(はなまるクリニック)内に掲載していますのでご参照下さい。
クリニックのホームページ→ http://www.mahirohifuka.com/