アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「にきび(にきびあと)」のブログ記事

みんなの「にきび(にきびあと)」ブログ

タイトル 日 時
にきびによく効く皮膚科専門医のアダパレン含有ゲル(ディフェリンゲル)・にきびあとに効く最新の治療
にきびは、10〜20歳代の方に多くみられる皮膚の病気です。顔(ひたい、鼻まわり、ほお、あご)、胸、背中、首などの皮脂腺が発達したところによくできます。しばしば、炎症を伴うことにより赤く見えたり、化膿したりすることがあります。治療をしないで放置すると、にきびあとになる可能性もあります。 アダパレン含有ゲルは、にきびによく効くぬり薬です。この薬は、すでに海外において30年以上前より使用されているぬり薬で、従来の方法では治りが悪いとされた炎症を伴わないにきび(面ぽう)によく効き、炎症を伴う... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/01/20 08:00
にきびやにきびあとによく効く光治療(しみ・毛穴のトラブルにも効く)
最新の光によるにきび・にきびあと治療(PPxアクネ) しみ・そばかす・毛穴の開きや黒ずみ・赤ら顔などによく効く光治療(PPxSR)   ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/03/04 21:40
しみ・そばかす・にきび・にきびあと・毛穴の黒ずみなどによく効く光治療
にきび、にきびあと、しみ、そばかす、毛穴の開き・黒ずみ、くすみ、赤ら顔、小じわなどによく効く最新の光治療(PPxセラピー)(まひろ皮膚科クリニック(皮膚科専門医: 豊橋市)) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/10/18 08:45
にきびに漢方が効く
 毛穴がつまった状態が続きますと、にきび桿菌が毛穴の中でふえます。ふえたにきび桿菌から出される酵素の作用によって毛穴の炎症がおこり、外からみるといわゆるにきび(尋常性ざ瘡)の症状である赤いぶつぶつになります。このにきび桿菌の繁殖をおさえるために、抗生剤の内服がよく用いられますが、連用することによって耐性菌が生じてしまう可能性があります。この抗生剤内服にかわる治療法として、最近漢方薬が注目されています。漢方薬を適切に使用すれば、にきびの症状がかなり改善するといわれています。  にきびや毛穴... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/09/25 13:44

トップへ | みんなの「にきび(にきびあと)」ブログ

まひろ 皮膚科 豊橋市 皮膚科 ブログ にきび(にきびあと)のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる