アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「子供の皮膚病」のブログ記事

みんなの「子供の皮膚病」ブログ

タイトル 日 時
手荒れ:保湿剤で予防しましょう!
手あれ(手荒れ)は女性に多く、水や洗剤などで手の表面の皮脂膜(皮膚の脂分)がとれてカサカサになった状態をいいます。空気が乾燥する秋から冬に悪化することが多く、空気の乾燥や温かい湯による食器洗いなども悪化に関係します。日常生活で触れるお湯、石けん、洗剤、シャンプー・リンス、衣服のせんい、紙、段ボールなど様々なものが原因となって生じます。これらのものが刺激となって、手の皮脂膜が破壊されることにより、皮膚表面(角質層)の水分が失われ 、手あれの状態になります。この状態を放っておくと、炎症が起こり、かゆ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/11/11 18:00
乾燥肌:早めに治しましょう!
冬は湿度が低下するため、お肌がカサカサして乾燥しやすい状態になります。皮膚にとっての理想の湿度は、約60%と考えられています。しかし、冬では40%を下回ることもよくあり、室内で暖房を使用すれば湿度は20%以下まで下がります。このため、お肌にうるおいを与えるためには、保湿剤を定期的にぬったり、暖房を使いすぎないことなどが重要です。 健康な人は角質細胞のすき間をセラミドが埋めているため、体内の水分は外へ出ていきません。しかし、加令・外的要因などによってセラミドがつくられなくなってしまい、水分を保持で... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/10/13 16:00
いぼ・水いぼ:痛みがない方法で早めに治しましょう!
...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/09/15 07:00
あせも・とびひ・水いぼ:早めに治しましょう!
...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/07/23 07:00
水いぼ(痛みのない治療法)・あせも・とびひ:早めに治しましょう!
...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/05/26 07:00
手あれ:早めに治しましょう!
手あれ(手荒れ)は女性に多く、水や洗剤などで手の表面の皮脂膜(皮膚の脂分)がとれてカサカサになった状態をいいます。空気が乾燥する秋から冬に悪化することが多く、空気の乾燥や温かい湯による食器洗いなども悪化に関係します。日常生活で触れるお湯、石けん、洗剤、シャンプー・リンス、衣服のせんい、紙、段ボールなど様々なものが原因となって生じます。これらのものが刺激となって、手の皮脂膜が破壊されることにより、皮膚表面(角質層)の水分が失われ 、手あれの状態になります。この状態を放っておくと、炎症が起こり、かゆ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/02/15 08:00
乾燥肌は早めに治しましょう:乾燥肌によい入浴剤のサンプルをプレゼント中:まひろ皮膚科(豊橋市)
冬は湿度が低下するため、お肌がカサカサして乾燥しやすい状態になります。皮膚にとっての理想の湿度は、約60%と考えられています。しかし、冬では40%を下回ることもよくあり、室内で暖房を使用すれば湿度は20%以下まで下がります。このため、お肌にうるおいを与えるためには、保湿剤を定期的にぬったり、暖房を使いすぎないことなどが重要です。 健康な人は角質細胞のすき間をセラミドが埋めているため、体内の水分は外へ出ていきません。しかし、加令・外的要因などによってセラミドがつくられなくなってしまい、水分を保持で... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/12 06:00
あせも・とびひ・水いぼ:悪化する前に早めに治しましょう!
...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/22 07:21
あせも・とびひ・水いぼ・水虫:夏に多い子供の皮膚病
...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/20 06:00
水いぼ・いぼ:お子様にやさしい治療法
...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/24 07:00
水虫・爪水虫:検査をうけて早めに治しましょう!
ジェネリック医薬品も扱っておりますのでお気軽にご相談ください。ジェネリック医薬品でも、十分に水虫・爪水虫を治すことが可能です。   とびひ・水いぼ・あせもに関する、まひろ皮膚科クリニック「夏に向けて知っておきたい子供の皮ふ病」の記事が掲載されました! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/20 06:00
じんましんは、慢性的になる前に早めに治しましょう!
 じんましんはかゆみを伴い、蚊にさされた時のように皮膚がミミズばれのようにもり上がります。数時間で消えることが多いため、病院を受診する時には症状が出ていないことが多いです。短時間(多くは24時間以内)で症状がきえてしまう急性のじんましんと1ヶ月以上発疹が出たりきえたりする慢性のじんましんとに分けられます。 じんましんは食べ物が原因で出ることもありますが、体が温まったり、逆に冷えたりすると出ることもあります。急性のじんましんを適切に治療しないと、慢性じんましんになってしまう可能性があります。です... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/24 06:00
お子様に多いしもやけ:悪化する前に早めに治しましょう!
しもやけ(凍瘡)は、気温が4〜5度、1日の気温差が10度以上になる秋〜冬によくみられます。 しもやけは、お子様の耳やほおなどの顔、指先、足先などによくできます。患部が痛がゆくなるのが特徴的で、あたたまるとかゆみが増します。まれに、水ぶくれができたり、皮膚がめくれてびらんになることもあります。気温が上昇する春には通常、症状がほぼなくなります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/21 07:00
手あれは早めに治しましょう!:症状・原因・予防などについて
手あれ(手荒れ)は女性に多く、水や洗剤などで手の表面の皮脂膜(皮膚の脂分)がとれてカサカサになった状態をいいます。空気が乾燥する秋から冬に悪化することが多く、空気の乾燥や温かい湯による食器洗いなども悪化に関係します。日常生活で触れるお湯、石けん、洗剤、シャンプー・リンス、衣服のせんい、紙、段ボールなど様々なものが原因となって生じます。これらのものが刺激となって、手の皮脂膜が破壊されることにより、皮膚表面(角質層)の水分が失われ 、手あれの状態になります。この状態を放っておくと、炎症が起こり、かゆ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/24 07:00
いぼ・水いぼ:痛みがない治療法で早めに治しましょう!
...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/09/24 07:00
あせも・とびひ・水いぼ:早めに治しましょう!
...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/16 06:00
あせも・とびひ・水いぼ・水虫:夏に多い子供の皮膚病
...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/23 06:00
いぼ・水いぼ:お子様にやさしい治療法
...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/03/21 07:00
しもやけ:悪化する前に、早めに治しましょう!
しもやけ(凍瘡)は、気温が4から5℃、1日の気温差が10℃以上になる晩秋から冬に発症します。しもやけは、乳幼児や小児の耳や頬などの顔、指先や足先などによくできます。  患部が痛がゆくなるのが特徴的で、暖まるとかゆみが増します。まれに、水ぶくれができたり、皮膚がめくれてびらんになることもあります。気温が上昇する春には通常症状がなくなります。指先、足先、鼻先、耳たぶなどといった露出部位に発赤を生じるタイプ(多形紅斑型=M型)とはれが主体でジュクジュクや水ぶくれを生じるタイプ(たる型=T型)の2つのタ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/02/18 06:00
乾燥肌は早めに治しましょう:乾燥肌によい入浴剤のサンプルをプレゼント中:まひろ皮膚科(豊橋市)
冬は湿度が低下するため、お肌がカサカサして乾燥しやすい状態になります。皮膚にとっての理想の湿度は、約60%と考えられています。しかし、冬では40%を下回ることもよくあり、室内で暖房を使用すれば湿度は20%以下まで下がります。このため、お肌にうるおいを与えるためには、保湿剤を定期的にぬったり、暖房を使いすぎないことなどが重要です。 健康な人は角質細胞のすき間をセラミドが埋めているため、体内の水分は外へ出ていきません。しかし、加令・外的要因などによってセラミドがつくられなくなってしまい、水分を保持で... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/12/04 07:00
いぼ・水いぼ:お子様にやさしい:痛みがない治療法:まひろ皮膚科(豊橋市)
...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/10/24 06:00
とびひ:よく効く塗り薬や飲み薬で早めに治しましょう!
...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/08/06 08:00
水いぼ・いぼ:お子様にやさしい治療法で早めに治しましょう!
「スポーツとよはし」2013年6月号に、まひろ皮膚科クリニック(豊橋市):「夏に向けて、子供がよくかかる皮膚病:水いぼ・とびひ・あせも」の記事が掲載されました!  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/28 08:00
水虫・爪水虫:皮膚科専門医で早めに治しましょう!
ジェネリック医薬品も扱っておりますのでお気軽にご相談ください。ジェネリック医薬品でも、十分に水虫・爪水虫を治すことが可能です。   とびひ・水いぼ・あせもに関する、まひろ皮膚科クリニック「夏に向けて知っておきたい子供の皮ふ病」の記事が掲載されました! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/14 06:00
手あれ(手荒れ)は皮膚科専門医で早めに治しましょう!
手あれ(手荒れ)は女性に多く、水や洗剤などで手の表面の皮脂膜(皮膚の脂分)がとれてカサカサになった状態をいいます。空気が乾燥する秋から冬に悪化することが多く、空気の乾燥や温かい湯による食器洗いなども悪化に関係します。日常生活で触れるお湯、石けん、洗剤、シャンプー・リンス、衣服のせんい、紙、段ボールなど様々なものが原因となって生じます。これらのものが刺激となって、手の皮脂膜が破壊されることにより、皮膚表面(角質層)の水分が失われ 、手あれの状態になります。この状態を放っておくと、炎症が起こり、かゆ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/11/22 07:00
夏に多い子供の皮膚病
...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/07/22 07:00
水いぼ・いぼ:医療用のサリチル酸絆創膏を使用する方法:
...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/04/25 07:00
じんましんの原因・治療・生活上の注意点などについて
 じんましんはかゆみを伴い、蚊にさされた時のように皮膚がミミズばれのようにもり上がります。数時間で消えることが多いため、病院を受診する時には症状が出ていないことが多いです。短時間(多くは24時間以内)で症状がきえてしまう急性のじんましんと1ヶ月以上発疹が出たりきえたりする慢性のじんましんとに分けられます。 じんましんは食べ物が原因で出ることもありますが、体が温まったり、逆に冷えたりすると出ることもあります。急性のじんましんを適切に治療しないと、慢性じんましんになってしまう可能性があります。です... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/01/27 09:00
乾燥肌は早めに治しましょう
冬は湿度が低下するため、お肌がカサカサして乾燥しやすい状態になります。皮膚にとっての理想の湿度は、約60%と考えられています。しかし、冬では40%を下回ることもよくあり、室内で暖房を使用すれば湿度は20%以下まで下がります。このため、お肌にうるおいを与えるためには、保湿剤を定期的にぬったり、暖房を使いすぎないことなどが重要です。 健康な人は角質細胞のすき間をセラミドが埋めているため、体内の水分は外へ出ていきません。しかし、加令・外的要因などによってセラミドがつくられなくなってしまい、水分を保持で... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/10/15 07:00
水いぼ・とびひ・あせも:「スポーツとよはし」2013年6月号にまひろ皮膚科(豊橋市)の記事が掲載
...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/07/10 06:00
とびひ:よく効くぬり薬や飲み薬で早めに治しましょう!まひろ皮膚科(豊橋市)
...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/06/07 07:00
いぼ・水いぼ:お子様にやさしい治療法で早めになおしましょう!:まひろ皮膚科(豊橋市)
...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/05/07 07:00
水虫・爪水虫について
まひろ皮膚科クリニックでは、ジェネリック医薬品も扱っておりますのでお気軽にご相談ください。ジェネリック医薬品でも、十分に水虫・爪水虫を治すことが可能です。 とびひ・水いぼ・あせもに関する、豊橋市のまひろ皮膚科クリニック「夏に向けて知っておきたい子供の皮膚病」の記事が掲載されました! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/04/17 07:00
じんましんは早めに治しましょう!:まひろ皮膚科(豊橋市)
じんましんはかゆみを伴い、蚊にさされた時のように皮膚がミミズばれのようにもり上がります。数時間で消えることが多いため、病院を受診する時には症状が出ていないことが多いです。短時間(多くは24時間以内)で症状がきえてしまう急性のじんましんと1ヶ月以上発疹が出たりきえたりする慢性のじんましんとに分けられます。じんましんは食べ物が原因で出ることもありますが、体が温まったり、逆に冷えたりすると出ることもあります。急性のじんましんを適切に治療しないと、慢性じんましんになってしまう可能性があります。ですから、... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/02/07 08:00
乾燥肌は早めに治しましょう! 
冬は湿度が低下するため、お肌がカサカサして乾燥しやすい状態になります。皮膚にとっての理想の湿度は、約60%と考えられています。しかし、冬では40%を下回ることもよくあり、室内で暖房を使用すれば湿度は20%以下まで下がります。このため、お肌にうるおいを与えるためには、保湿剤を定期的にぬったり、暖房を使いすぎないことなどが重要です。 健康な人は角質細胞のすき間をセラミドが埋めているため、体内の水分は外へ出ていきません。しかし、加令・外的要因などによってセラミドがつくられなくなってしまい、水分を保持で... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/17 08:00
アトピーの症状・原因・治療・日常生活上の注意点などについて:まひろ皮膚科(豊橋市)
アトピー性皮膚炎(アトピー)は、遺伝的にほこり(ハウスダスト)、ダニ、カビ、ペットの毛、食べ物などに対してアレルギー反応を起こしやすい体質(アトピー体質)によって生じる慢性的な皮膚炎のことを言います。 非常に強いかゆみを伴いますので、かいてしまうことによって湿疹ができて、よくなったり悪くなったりを繰り返します。 乳幼児期に発症し、慢性の経過をたどりますが、中学生頃までには軽快する場合が多いようです。しかし、最近は成人型アトピー性皮膚炎といって大人になってもアトピーが治らなかったり、逆に大人になっ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/09/24 08:00
子供に多いとびひ:よく効くぬり薬や飲み薬で早めに治しましょう!
とびひ・水いぼ・あせもに関する、まひろ皮膚科クリニックの「夏に向けて知っておきたい子供の皮膚病」の記事が、プラネッツ4月14日号に掲載されました! 毎日を健康に暮らすために、普段から知っておきたい病気があります。 子供の皮膚病もその一つ。 気温が上がり湿度が高くなるこれからの季節、かかりやすい皮膚病と生活上の注意点について、まひろ皮ふ科クリニックの先生に伺ってきました。 プラネッツ/夏に向けて、子供がよくかかる皮膚病にはどんなものがありますか? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/19 08:00
まひろ皮膚科(豊橋市):水虫・爪水虫に効くぬり薬や飲み薬(ジェネリック医薬品)
まひろ皮膚科クリニックでは、ジェネリック医薬品も扱っておりますのでお気軽にご相談ください。ジェネリック医薬品でも、十分に水虫・爪水虫を治すことが可能です。   とびひ・水いぼ・あせもに関する、豊橋市のまひろ皮膚科クリニック「夏に向けて知っておきたい子供の皮ふ病」の記事が掲載されました! ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/16 08:00
まひろ皮膚科:いぼ・水いぼに効く:お子様にやさしい痛みがない治療法:プラネッツ4月号掲載
...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/02 08:00
子供に多いとびひ:プラネッツ4月号掲載
とびひ・水いぼ・あせもに関する、豊橋市のまひろ皮膚科クリニックの「夏に向けて知っておきたい子供の皮膚病」の記事が、プラネッツ4月14日号に掲載されました! 毎日を健康に暮らすために、普段から知っておきたい病気があります。 子供の皮膚病もその一つ。 気温が上がり湿度が高くなるこれからの季節、かかりやすい皮膚病と生活上の注意点について、まひろ皮ふ科クリニックの先生に伺ってきました。 プラネッツ/夏に向けて、子供がよくかかる皮膚病にはどんなものがありますか? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/06 08:00
水虫・爪水虫は皮膚科専門医で検査をして早めに治しましょう!
  2011年プラネッツ4月14日号に、水虫・水いぼ・とびひ・あせもに関する、まひろ皮膚科クリニック「夏に向けて知っておきたい皮膚病」の記事が掲載されました! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/06/07 07:00
水いぼ・あせも・とびひなど夏の子供の皮膚病:プラネッツ2011年4月号掲載
とびひ・水いぼ・あせも・水虫に関する、豊橋市のまひろ皮ふ科クリニックの「子供の皮膚病」の記事が、プラネッツ4月14日号に掲載されました! 毎日を健康に暮らすために、普段から知っておきたい病気があります。 子供の皮ふ病もその一つ。 気温が上がり湿度が高くなるこれからの季節、かかりやすい皮膚病と生活上の注意点について、まひろ皮ふ科クリニックの先生に伺ってきました。 プラネッツ/夏に向けて、子供がよくかかる子供の皮膚病にはどんなものがありますか? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/04/17 08:00
お子様をもつママのための情報誌テニテオ2月号掲載:アトピーに関する記事の掲載
就学前のお子様をもつママのための情報誌teniteo(テニテオ)2011年2月号(1月15日発行)にまひろ皮ふ科クリニックのアトピー性皮膚炎(アトピー)に関する記事が掲載されました ! 「テニテオ」は、市内の子ども未来館ここにこ、交通児童館・ 向山交通児童遊園、まひろ皮ふ科クリニック、アピタ向山店、ジャスコ南店などに設置されています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/02/03 07:00
乾燥肌は早めに治しましょう!
冬は湿度が低下するため、お肌がカサカサして乾燥しやすい状態になります。皮膚にとっての理想の湿度は、約60%と考えられています。しかし、冬では40%を下回ることもよくあり、室内で暖房を使用すれば湿度は20%以下まで下がります。このため、お肌にうるおいを与えるためには、保湿剤を定期的にぬったり、暖房を使いすぎないことなどが重要です。 乾燥肌は皮膚がかさかさになり、表面が粉をふいた状態になります。全身のどこにでも現れる症状ですが、背中、腕やすねなどに症状が特に強くでます。放っておくとと皮膚が知覚過敏の... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/12/10 08:00
手あれの症状・原因・治療について
 手あれは20歳〜30歳代の女性をピークに、男女にみられる皮膚病です。季節については、1年中みられますが、冬に悪化することが多いです。日常生活で触れるお湯、石けん、洗剤、シャンプー・リンス、衣服のせんい、紙、段ボールなど 様々なものが原因となって生じます。これらのものが刺激となって、手の皮脂膜が破壊されることにより、皮膚表面(角質層)の水分が失われ 、手あれの状態になります。 主に、利き手の親指、人差し指、中指の指先から始まり、皮膚が乾燥してはがれ落ち、ひびわれが目立ったり、指紋がなくなるなどの... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/11/02 07:00
お子様を持つママのための情報誌「テニテオ」に掲載(おむつかぶれについて):2010年11月号
就学前のお子様を持つママの為の地域情報誌「テニテオ」2010年11月号に、まひろ皮ふ科クリニックの紹介記事が掲載されました!今回は、「おむつかぶれ」についての特集です。「テニテオ」は、市内の子ども未来館ここにこ、交通児童館・ 向山交通児童遊園、まひろ皮ふ科クリニック、アピタ向山店、ジャスコ豊橋南店などに設置されています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/10/15 08:00
赤ちゃんの顔にみられる、にきびに似た症状
新生児のざ瘡(ざそう)は、生後2〜3週目に、赤ちゃんの顔にみられる炎症を伴う赤いブツブツや膿を伴った発疹のことをいいます。新生児期は、小児期の中でも性ホルモンの分泌がある時期ですので、その生理的な現象の結果として新生児ざ瘡ができるのではないかと考えられています。 お肌にやさしい石けんをよくあわ立てて、顔をやさしく洗ってあげると新生児ざ瘡はできにくいといわれています。あせもやとびひなどとの鑑別が必要な時もありますので、。赤ちゃんの顔に見られるにきびのような症状が疑われましたら、当クリニック(専門医... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/10/11 08:00
治りが悪くなる前に、 帯状疱疹は早めに治しましょう!
帯状疱疹は、皮ふに水ぶくれを伴う発赤が体、腕、顔や頭などの左右どちらか一方に沿って出てくる病気です。子供の頃にかかる水ぼうそうのウィルス(水痘・帯状疱疹ウィルス)によって起こる感染症です。 症状 →発疹が出てくる数日から1週間程前から、チクチクするような神経痛やムズムズするといった違和感がみられます。しばらくすると、その部位に水ぶくれを伴う発赤が出てきます。発疹は全体が帯のように連なって見えるので、帯状疱疹と呼ばれます。水ぶくれはやがてびらんになって、かさぶたとなって治ります。体がだるく感じ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/09/20 08:00
子供に多いあせも:プラネッツ4月14日号掲載
  2011年プラネッツ4月14日号に、豊橋市のまひろ皮膚科クリニックの「夏に向けて知っておきたい子供の皮膚病(水いぼ・とびひ・あせも・水虫)」に関する記事が掲載されました! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/07/10 07:00
水虫に効くぬりぐすり・爪水虫に効く飲み薬(イトラコナゾールのパルス療法・テルビナフィンの内服療法)
プラネッツ2011年4月14日号に、水いぼ・水虫・とびひ・あせもに関する、まひろ皮膚科クリニックの記事が掲載されました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/07/06 08:00
まひろ皮膚科:お子様にやさしい痛みがない水いぼの治療をしています:プラネッツ4月14日号掲載
 水いぼ・とびひ・水虫・あせもに関する、まひろ皮膚科クリニック「夏に向けて知っておきたい子供の皮膚病」の記事が、プラネッツ4月14日号に掲載されました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/04/10 06:00
かさついたお肌は早めに治しましょう!(ニッセイ雑誌掲載)
 ニッセイなるほど!ザ・インフォ(ニッセイの雑誌)2月号に当クリニック(専門医)の記事が掲載されました!!!  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/02/21 08:00
お子様に安心の痛みがない水いぼの治療(2011年プラネッツ4月号掲載)
 プラネッツ4月号:「夏に向けて知っておきたい子供の皮膚病(とびひ・水いぼ・あせも・水虫など」)に関する記事が掲載されました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/08/06 08:00
はなまる(雑誌Hanamaru)5月号掲載:とびひについての記事
プラネッツ2011年4月号に、まひろ皮膚科クリニックの「夏に向けて知っておきたい子供の皮膚病(とびひ・水いぼ・あせも・水虫など」)に関する記事が掲載されました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/05/07 08:00
再発を繰り返す水ぶくれが主な症状:ウィルスが原因の皮ふ病:ヘルペス
 ヘルペスは、単純ヘルペスウィルスというウィルスが原因の皮ふ病です。かぜをひいた時、胃腸があれた時、熱が出たとき、日やけをしすぎた時など体力や皮ふの免疫力が弱まると症状がよく出ます。症状は、発赤の中に直径2から3oまでの小さな水ぶくれが集まっているのが典型的です。ピリピリやヒリヒリ感といった症状も伴うことが多いです。 1週間程でかさぶたとなって治りますが、体力が低下する度にまた再発するので注意が必要です。  乳幼児がかかると、比較的重い症状が出る病気です。舌やほおの内側、歯ぐき、のどなどに、中... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/09/18 08:00
円形脱毛症は皮膚科専門医で早めに治しましょう!
 円形脱毛症はあらゆる年令の人に発生し、脱毛症(毛がぬける病気)の中では比較的頻度が高いものと考えられています。 ある日突然、髪の毛が円形の形で抜けてしまうことで自覚されることが多いようです。原因としては、ストレスや不規則な生活などが引き金になり、免疫の異常が発生することにより発病するのではないかといわれています。治療としては、血行をよくする塗り薬を塗ったり、発毛を促進する飲み薬を飲んだりします。最近では、光線療法(ナローバンドUVB療法)が円形脱毛症によく効くという報告が増えています。  ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/09/16 08:00
赤ちゃんに多い、おむつかぶれの症状・原因・日常生活上の注意点などについて
 おむつかぶれは、おむつにふれる部分にみられる皮ふの症状のことをいいます。おむつかぶれは、おむつが直接当たっている部分にのみ炎症が起きるのが特徴です。紙おむつは、昔の布おむつと比較して水を吸収しやすく通気性がよいため、ついつい交換をおこたりがちです。このようにおむつの交換回数が少ない時や下痢が続く時におむつかぶれは起こります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/08/28 08:00
水いぼは早めに治しましょう!
2011年プラネッツ4月号に、まひろ皮ふ科クリニックの「夏に向けて知っておきたい子供の皮ふ病(とびひ・水いぼ・あせも・水虫など」)に関する記事が掲載されました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/06/12 06:00
アトピーの皮膚症状は、ステロイドが入っていない塗り薬でも改善する
アトピーの頚部(首)色素沈着は、成人期にみられる特有の皮膚症状です。首の主として前面に、さざ波状の色素沈着がみられるのが特徴です。頚部の色素沈着は、思春期以降に急速に悪化するアトピーの方によくみられます。色素沈着が頚部に生じる原因としては、慢性の機械的刺激、紫外線、外用剤(塗り薬)、石けんや衣類などの刺激などの影響が考えられています。最近、この色素沈着が、タクロリムス軟膏というステロイドではない塗り薬によって改善されることがわかってきました。タクロリムス軟膏は、色素沈着以外の顔や体などのかゆみ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/05/08 21:19
お子様にやさしい:いぼ・水いぼの治療法:プラネッツ掲載
プラネッツ2011年4月号:「夏に向けて知っておきたい子供の皮ふ病(とびひ・水いぼ・あせもなど」)に関する記事が掲載されました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/03/08 08:00
水いぼは、早めに治しましょう!(痛みがない治療:プラネッツ4月号掲載)
 プラネッツ4月14日号に、まひろ皮ふ科クリニックの「夏に向けて知っておきたい子供の皮ふ病(とびひ・水いぼ・あせも・水虫など」)に関する記事が掲載されました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/01/11 08:00
注意が必要な、体が急に冷えた時にみられるじんましんについて
 寒冷じんましんは、急に体の一部(局所性)もしくは全身に寒冷の刺激(クーラーの風、プールの水や海水浴など)が加わった時に発症するじんましんのことを言います。体の一部が冷えた時に生じる寒冷じんましんを局所性じんましん、全身が冷えた時に生じる寒冷じんましんを全身性の寒冷じんましんとよびます。 寒冷じんましんの症状は、寒冷の刺激が加わって30分以内にじんましんが出ることが特徴的ですが、じんましんが全身に拡大すると、まれに息苦しくなったり、気分が悪くなったりすることがあります。     ・・... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/11/28 07:00
顔のかゆみが強い場合-アトピー性の白内障などに注意
 アトピーの方の皮膚炎は、かゆみが強いために患部を掻いてしまうことが多いです。特に眼のまわりを含めた顔に発疹がある方は、顔を無意識に掻いたり、こすったりしています。目や目のまわりを掻いたり、こすったりなどを繰り返しているうちに、アトピー性白内障や網膜はく離が起こると考えられています。「見えにくい」、「物がぼやける」などのアトピー性の白内障や網膜はく離などによる視力低下の自覚症状は、進行して初めて気づかれるケースもありますので注意が必要です。  顔の発疹をしっかり治せば、かゆみも生じないために、... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/10/12 13:07
治りが悪くなる前に、いぼ・水いぼは皮膚科専門医で早めに治しましょう!
プラネッツ4月号に、「夏に向けて知っておきたい子供の皮膚病(とびひ・水いぼ・あせも・水虫など」)に関する記事が掲載されました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/09/10 07:00
お子様に多いあせも(夏に多い子供の皮膚病)
 あせもは、汗のかきすぎによって汗の通り道がつまってしまうことにより生じます。子供(特に乳幼児)は、体表面積が大人よりも狭いため、汗の腺の密度が大人より高くなり、あせもが大人よりできやすくなります。あせもの症状は、小さな赤いブツブツや小さな水ぶくれとして見られることが多く、通常かゆみを伴います。おでこ、首まわり、わきの下、股、おしりなどのすれやすい部位によくできます。汗をよくかくと、皮ふの表面の水分量が増加して、細菌がはんしょくしやすくなります。この状態が続くと、汗の出口が詰まってしまいます。こ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/08/10 08:00
治りが悪いアトピーの症状によく効く専門医の漢方薬
 漢方薬は、種々の病気に対して有効性を発揮しますが、以前より、アトピー性皮ふ炎(アトピー)、アレルギー性鼻炎や喘息などのアレルギー性疾患にも効果があるといわれています。  小児アトピーの方の皮ふは、表皮の脂質量の減少や角質水分量の低下などが認められ、乾燥肌の状態が顕著です。最近の研究で、小児アトピーの乾燥肌に有効なのが、漢方生薬である当帰および地黄の入浴療法であることがわかってきました。 大人のアトピーの方は、首より上特に顔にほてり感を伴う発赤が認められることが多いです。このアトピーのほてり感... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/07/07 08:00
アトピーの皮膚症状に似た症状-サッカーをする子供にみられる皮膚の症状 
 日本サッカー協会に登録している選手は、サッカー競技規則で、スネ当てである「シンガード」を着用することが義務づけられています。最近この「シンガード」による皮膚炎が、サッカーをする子供たちにも増えているという皮膚科の報告があります。サッカーの練習後に、ひざ下にかゆみを伴うブツブツや湿疹の症状がみられたら、「シンガード」による皮膚炎が疑われます。「シンガード」による皮膚炎= サッカーシンガード皮膚炎は、アトピーもしくはドライスキンの子供に多いと考えられています。     アトピー性皮膚炎や皮脂欠... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/06/18 13:53
幼児や学童に多く見られるウィルスが原因の感染症(りんご病)
  伝染性紅斑は、頬がりんごのように赤くなって見えることから、りんご病とも呼ばれています。幼児や学童に多くみられるウィルスが原因の感染症で、冬から初夏にかけて保育園、幼稚園、小学校などで流行します。ヒトパルボウィルスB19というウィルスが原因です。飛沫感染が主体です。軽度の感冒様症状(微熱や体のだるさなど)がみられた後に、頬がりんごのように真っ赤にはれます。しばらくすると、腕、手、もも、足の順に、発赤が網目状やレース状に現れます。発赤は軽度のかゆみやほてり感などを伴うことが多いです。通常、1週間... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/06/09 15:47
子供に多い水ぼうそう
水ぼうそう(水痘)は、水痘・帯状疱疹ウィルスというウィルスが原因の感染症です。2歳〜10歳ぐらいまでの子供に多くみられます。幼稚園や保育園、学校などで集団感染します。発赤は半日〜1日程で全身にひろがります。発赤はやがて水ぶくれになります。数日の経過で水ぶくれはかさぶたになります。かゆみを伴うことが多いです。発疹だけでなく、体がだるくなったり、37度〜38度台の熱が出ることもしばしばみられます。  帯状疱疹にかかっている人(親や祖父母など)の発疹に直接接触することによって、子供に水ぼうそうの... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/06/02 08:00
白斑(尋常性白斑)には、皮膚科専門医のビタミンD3外用剤が効く!
  尋常性白斑は、生まれつきではなく後天的に皮膚の色が様々な大きさで、部分的に抜けて白くなる病気です。俗に、「しろなまず」とも呼ばれています。白斑(色が白くぬけたところ)は、顔、頭部、口の中などの粘膜も含めて全身のどこにでも生じます。白斑の大きさはまちまちで、円形や楕円形、木の葉の形など様々な形をとります。かゆみや痛みなどの自覚症状はほとんどありません。頭の毛の生えている部分に白斑ができると、そこから生える毛は白髪になります。ビタミンD3製剤の外用、ステロイド剤の外用、ナローバンドUVB、PUV... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/05/29 12:56
子供の円形脱毛症にはナローバンドUVB療法が効く!
   円形脱毛症は、あらゆる年令層の人に発生し、脱毛症(毛がぬける病気)の中では比較的頻度が高いものと考えられています。 髪の毛が突然円形の形で脱毛してしまいます。かゆみや痛みなどの自覚症状がないことが多いですが、むずむずやピリピリ感といった違和感を伴うこともまれにあります。   病因としては、自己免疫異常説が有力となっています。自己免疫異常説をうらづける理由として、円形脱毛症の患者さんの血液中には、しばしば免疫異常を示す自己抗体(抗核抗体や甲状腺抗体など)がみつかることがあげられます。発症年... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/05/16 12:47
赤くなったり、みずぶくれになったり、はれたりする:蚊の症状
   蚊は日本全国どこにでもみられる昆虫です。市街地では、アカイエカやヒトスジシマカによる被害が多く、農村部ではオオクロヤブカやユガタアカイエカなどによる被害がよくみられます。お子様の場合、特に顔や手などを蚊にさされることが多いです。  人は蚊にさされると、さされた部位に一致してかゆみを伴う炎症反応が起こりますが、これは蚊に吸血された際に皮ふに入る蚊の唾液腺物質に対してアレルギー反応を起こすためです。  蚊にさされた後の炎症反応には、大きく分けて2種類の反応あります。すなわち、さされてすぐに... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/05/11 08:00
はなまる(雑誌Hanamaru)2009年5月号掲載:子供に多いとびひについて
2011年プラネッツ4月号に、まひろ皮ふ科クリニック「夏に向けて知っておきたい子供の皮膚病(とびひ・水いぼ・あせも・水虫)」に関する記事が掲載されました! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/04/23 08:00
おしりや肘などにも手足口病の発疹がみられることがある!
  手足口病は、乳幼児や学童によくみられるウィルス性の感染症です。典型的な発疹は、手足に見られる発赤を少し伴う小さい水ぶくれと口内炎ですが、手足以外(おしりや膝など)にも発疹が認められることがあります。      手足口病はエンテロウィルス感染症の一型で、手・足・口腔内に発疹が好発するため、俗にこう呼ばれている。エンテロウィルスは糞便などの排泄物を介し、経口的に、または飛沫によって経気道的に感染する。不顕性感染も多く、軽度の感冒症状のみで経過し、あとでその周辺に手足口病患者が発生することもあ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/03/24 18:32
アトピーはスキンケアが大事!-「はなまる」の2006年7月号に紹介
 アトピーの方は、湿疹が顔や首、肘の内側、膝の裏側などに現れます。かゆみが非常に強く、湿疹が良くなったり悪くなったりを繰り返すのが特徴です。乳幼児期では、食べ物のアレルギー(小麦や卵白など)が関係することが多いですが、3才以降は、ダニやハウスダストなどに対するアレルギーが重要になってきます。   アトピーの方は、乾燥肌(ドライスキン)のためにお肌がちょっとした刺激で敏感な状態になっています。そこで、保湿剤を定期的に塗って、乾燥肌を改善する必要があります。このスキンケアを怠ると湿疹... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/03/14 17:00

トップへ | みんなの「子供の皮膚病」ブログ

まひろ 皮膚科 豊橋市 皮膚科 ブログ 子供の皮膚病のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる