テーマ:手あれ(手湿疹)

手あれ:保湿剤で予防しましょう!

手あれ(手荒れ)は女性に多く、水や洗剤などで手の表面の皮脂膜(皮膚の脂分)がとれてカサカサになった状態をいいます。空気が乾燥する秋から冬に悪化することが多く、空気の乾燥や温かい湯による食器洗いなども悪化に関係します。日常生活で触れるお湯、石けん、洗剤、シャンプー・リンス、衣服のせんい、紙、段ボールなど様々なものが原因となって生じます。こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手あれ:早めに治しましょう!

手あれ(手荒れ)は女性に多く、水や洗剤などで手の表面の皮脂膜(皮膚の脂分)がとれてカサカサになった状態をいいます。空気が乾燥する秋から冬に悪化することが多く、空気の乾燥や温かい湯による食器洗いなども悪化に関係します。日常生活で触れるお湯、石けん、洗剤、シャンプー・リンス、衣服のせんい、紙、段ボールなど様々なものが原因となって生じます。こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手あれは早めに治しましょう!:症状・原因・予防などについて

手あれ(手荒れ)は女性に多く、水や洗剤などで手の表面の皮脂膜(皮膚の脂分)がとれてカサカサになった状態をいいます。空気が乾燥する秋から冬に悪化することが多く、空気の乾燥や温かい湯による食器洗いなども悪化に関係します。日常生活で触れるお湯、石けん、洗剤、シャンプー・リンス、衣服のせんい、紙、段ボールなど様々なものが原因となって生じます。こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手あれ(手荒れ)は皮膚科専門医で早めに治しましょう!

手あれ(手荒れ)は女性に多く、水や洗剤などで手の表面の皮脂膜(皮膚の脂分)がとれてカサカサになった状態をいいます。空気が乾燥する秋から冬に悪化することが多く、空気の乾燥や温かい湯による食器洗いなども悪化に関係します。日常生活で触れるお湯、石けん、洗剤、シャンプー・リンス、衣服のせんい、紙、段ボールなど様々なものが原因となって生じます。こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手あれは悪化する前に早めに治しましょう!

手あれ(手荒れ)は女性に多く、水・洗剤などで手の表面の皮脂膜(皮ふの脂分)がとれてカサカサになった状態をいいます。空気が乾燥する秋から冬に悪化することが多く、空気の乾燥や温かい湯による食器洗いなども悪化に関係します。日常生活で触れるお湯、石けん、洗剤、シャンプー・リンス、衣服のせんい、紙、段ボールなど 様々なものが原因となって生じます。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手あれの症状・原因・治療について

 手あれは20歳~30歳代の女性をピークに、男女にみられる皮膚病です。季節については、1年中みられますが、冬に悪化することが多いです。日常生活で触れるお湯、石けん、洗剤、シャンプー・リンス、衣服のせんい、紙、段ボールなど 様々なものが原因となって生じます。これらのものが刺激となって、手の皮脂膜が破壊されることにより、皮膚表面(角質層)の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手あれは予防が大事

  手あれは女性に多く、水や洗剤などで、手の皮脂膜(皮ふの脂分)がとれてカサカサになった状態をいいます。空気が乾燥する秋~冬に悪化することが多く、空気の乾燥や温かい湯による食器洗いなども悪化に関係します。日常生活でふれる石けん、洗剤、お湯、シャンプー・リンス、衣服のせんい、紙、段ボールなど 様々なものが原因となって生じます。これらのもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more