アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「手あれ(手湿疹)」のブログ記事

みんなの「手あれ(手湿疹)」ブログ

タイトル 日 時
手荒れ:保湿剤で予防しましょう!
手あれ(手荒れ)は女性に多く、水や洗剤などで手の表面の皮脂膜(皮膚の脂分)がとれてカサカサになった状態をいいます。空気が乾燥する秋から冬に悪化することが多く、空気の乾燥や温かい湯による食器洗いなども悪化に関係します。日常生活で触れるお湯、石けん、洗剤、シャンプー・リンス、衣服のせんい、紙、段ボールなど様々なものが原因となって生じます。これらのものが刺激となって、手の皮脂膜が破壊されることにより、皮膚表面(角質層)の水分が失われ 、手あれの状態になります。この状態を放っておくと、炎症が起こり、かゆ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/11/11 18:00
手あれ:早めに治しましょう!
手あれ(手荒れ)は女性に多く、水や洗剤などで手の表面の皮脂膜(皮膚の脂分)がとれてカサカサになった状態をいいます。空気が乾燥する秋から冬に悪化することが多く、空気の乾燥や温かい湯による食器洗いなども悪化に関係します。日常生活で触れるお湯、石けん、洗剤、シャンプー・リンス、衣服のせんい、紙、段ボールなど様々なものが原因となって生じます。これらのものが刺激となって、手の皮脂膜が破壊されることにより、皮膚表面(角質層)の水分が失われ 、手あれの状態になります。この状態を放っておくと、炎症が起こり、かゆ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/02/15 08:00
手あれは早めに治しましょう!:症状・原因・予防などについて
手あれ(手荒れ)は女性に多く、水や洗剤などで手の表面の皮脂膜(皮膚の脂分)がとれてカサカサになった状態をいいます。空気が乾燥する秋から冬に悪化することが多く、空気の乾燥や温かい湯による食器洗いなども悪化に関係します。日常生活で触れるお湯、石けん、洗剤、シャンプー・リンス、衣服のせんい、紙、段ボールなど様々なものが原因となって生じます。これらのものが刺激となって、手の皮脂膜が破壊されることにより、皮膚表面(角質層)の水分が失われ 、手あれの状態になります。この状態を放っておくと、炎症が起こり、かゆ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/24 07:00
手あれ(手荒れ)は皮膚科専門医で早めに治しましょう!
手あれ(手荒れ)は女性に多く、水や洗剤などで手の表面の皮脂膜(皮膚の脂分)がとれてカサカサになった状態をいいます。空気が乾燥する秋から冬に悪化することが多く、空気の乾燥や温かい湯による食器洗いなども悪化に関係します。日常生活で触れるお湯、石けん、洗剤、シャンプー・リンス、衣服のせんい、紙、段ボールなど様々なものが原因となって生じます。これらのものが刺激となって、手の皮脂膜が破壊されることにより、皮膚表面(角質層)の水分が失われ 、手あれの状態になります。この状態を放っておくと、炎症が起こり、かゆ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/11/22 07:00
手あれは悪化する前に早めに治しましょう!
手あれ(手荒れ)は女性に多く、水・洗剤などで手の表面の皮脂膜(皮ふの脂分)がとれてカサカサになった状態をいいます。空気が乾燥する秋から冬に悪化することが多く、空気の乾燥や温かい湯による食器洗いなども悪化に関係します。日常生活で触れるお湯、石けん、洗剤、シャンプー・リンス、衣服のせんい、紙、段ボールなど 様々なものが原因となって生じます。 これらのものが刺激となって、手の皮脂膜が破壊されることにより、皮ふ表面(角質層)の水分が失われ 、手あれの状態になります。この状態を放っておくと、炎症が起こり、... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/11/13 07:00
手あれの症状・原因・治療について
 手あれは20歳〜30歳代の女性をピークに、男女にみられる皮膚病です。季節については、1年中みられますが、冬に悪化することが多いです。日常生活で触れるお湯、石けん、洗剤、シャンプー・リンス、衣服のせんい、紙、段ボールなど 様々なものが原因となって生じます。これらのものが刺激となって、手の皮脂膜が破壊されることにより、皮膚表面(角質層)の水分が失われ 、手あれの状態になります。 主に、利き手の親指、人差し指、中指の指先から始まり、皮膚が乾燥してはがれ落ち、ひびわれが目立ったり、指紋がなくなるなどの... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/11/02 07:00
手あれは予防が大事
  手あれは女性に多く、水や洗剤などで、手の皮脂膜(皮ふの脂分)がとれてカサカサになった状態をいいます。空気が乾燥する秋〜冬に悪化することが多く、空気の乾燥や温かい湯による食器洗いなども悪化に関係します。日常生活でふれる石けん、洗剤、お湯、シャンプー・リンス、衣服のせんい、紙、段ボールなど 様々なものが原因となって生じます。これらのものが刺激となって、手の皮脂膜が破壊されることにより、皮ふ表面(角質層)の水分が失われ 、手あれの状態になります。 この状態を放っておくと、炎症が起こり、かゆみを伴う... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/10/07 08:00

トップへ | みんなの「手あれ(手湿疹)」ブログ

まひろ 皮膚科 豊橋市 皮膚科 ブログ 手あれ(手湿疹)のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる