アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「とびひ」のブログ記事

みんなの「とびひ」ブログ

タイトル 日 時
あせも・とびひ・水いぼ:悪化する前に早めに治しましょう!
...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/22 07:21
あせも・とびひ・水いぼ・水虫:夏に多い子供の皮膚病
...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/20 06:00
あせも・とびひ・水いぼ・水虫:夏に多い子供の皮膚病
...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/23 06:00
とびひ:よく効く塗り薬や飲み薬で早めに治しましょう!
...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/08/06 08:00
夏に多い子供の皮膚病
...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/07/22 07:00
水いぼ・とびひ・あせも:「スポーツとよはし」2013年6月号にまひろ皮膚科(豊橋市)の記事が掲載
...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/07/10 06:00
とびひ:よく効くぬり薬や飲み薬で早めに治しましょう!まひろ皮膚科(豊橋市)
...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/06/07 07:00
子供に多いとびひ:よく効くぬり薬や飲み薬で早めに治しましょう!
とびひ・水いぼ・あせもに関する、まひろ皮膚科クリニックの「夏に向けて知っておきたい子供の皮膚病」の記事が、プラネッツ4月14日号に掲載されました! 毎日を健康に暮らすために、普段から知っておきたい病気があります。 子供の皮膚病もその一つ。 気温が上がり湿度が高くなるこれからの季節、かかりやすい皮膚病と生活上の注意点について、まひろ皮ふ科クリニックの先生に伺ってきました。 プラネッツ/夏に向けて、子供がよくかかる皮膚病にはどんなものがありますか? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/19 08:00
子供に多いとびひ:プラネッツ4月号掲載
とびひ・水いぼ・あせもに関する、豊橋市のまひろ皮膚科クリニックの「夏に向けて知っておきたい子供の皮膚病」の記事が、プラネッツ4月14日号に掲載されました! 毎日を健康に暮らすために、普段から知っておきたい病気があります。 子供の皮膚病もその一つ。 気温が上がり湿度が高くなるこれからの季節、かかりやすい皮膚病と生活上の注意点について、まひろ皮ふ科クリニックの先生に伺ってきました。 プラネッツ/夏に向けて、子供がよくかかる皮膚病にはどんなものがありますか? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/06 08:00
水いぼ・あせも・とびひなど夏の子供の皮膚病:プラネッツ2011年4月号掲載
とびひ・水いぼ・あせも・水虫に関する、豊橋市のまひろ皮ふ科クリニックの「子供の皮膚病」の記事が、プラネッツ4月14日号に掲載されました! 毎日を健康に暮らすために、普段から知っておきたい病気があります。 子供の皮ふ病もその一つ。 気温が上がり湿度が高くなるこれからの季節、かかりやすい皮膚病と生活上の注意点について、まひろ皮ふ科クリニックの先生に伺ってきました。 プラネッツ/夏に向けて、子供がよくかかる子供の皮膚病にはどんなものがありますか? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/04/17 08:00
はなまる(雑誌Hanamaru)5月号掲載:とびひについての記事
プラネッツ2011年4月号に、まひろ皮膚科クリニックの「夏に向けて知っておきたい子供の皮膚病(とびひ・水いぼ・あせも・水虫など」)に関する記事が掲載されました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/05/07 08:00
お子様に多いあせも(夏に多い子供の皮膚病)
 あせもは、汗のかきすぎによって汗の通り道がつまってしまうことにより生じます。子供(特に乳幼児)は、体表面積が大人よりも狭いため、汗の腺の密度が大人より高くなり、あせもが大人よりできやすくなります。あせもの症状は、小さな赤いブツブツや小さな水ぶくれとして見られることが多く、通常かゆみを伴います。おでこ、首まわり、わきの下、股、おしりなどのすれやすい部位によくできます。汗をよくかくと、皮ふの表面の水分量が増加して、細菌がはんしょくしやすくなります。この状態が続くと、汗の出口が詰まってしまいます。こ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/08/10 08:00
赤くなったり、みずぶくれになったり、はれたりする:蚊の症状
   蚊は日本全国どこにでもみられる昆虫です。市街地では、アカイエカやヒトスジシマカによる被害が多く、農村部ではオオクロヤブカやユガタアカイエカなどによる被害がよくみられます。お子様の場合、特に顔や手などを蚊にさされることが多いです。  人は蚊にさされると、さされた部位に一致してかゆみを伴う炎症反応が起こりますが、これは蚊に吸血された際に皮ふに入る蚊の唾液腺物質に対してアレルギー反応を起こすためです。  蚊にさされた後の炎症反応には、大きく分けて2種類の反応あります。すなわち、さされてすぐに... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/05/11 08:00
はなまる(雑誌Hanamaru)2009年5月号掲載:子供に多いとびひについて
2011年プラネッツ4月号に、まひろ皮ふ科クリニック「夏に向けて知っておきたい子供の皮膚病(とびひ・水いぼ・あせも・水虫)」に関する記事が掲載されました! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/04/23 08:00

トップへ | みんなの「とびひ」ブログ

まひろ 皮膚科 豊橋市 皮膚科 ブログ とびひのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる