アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「じんましん(蕁麻疹)」のブログ記事

みんなの「じんましん(蕁麻疹)」ブログ

タイトル 日 時
じんましんは、慢性的になる前に早めに治しましょう!
 じんましんはかゆみを伴い、蚊にさされた時のように皮膚がミミズばれのようにもり上がります。数時間で消えることが多いため、病院を受診する時には症状が出ていないことが多いです。短時間(多くは24時間以内)で症状がきえてしまう急性のじんましんと1ヶ月以上発疹が出たりきえたりする慢性のじんましんとに分けられます。 じんましんは食べ物が原因で出ることもありますが、体が温まったり、逆に冷えたりすると出ることもあります。急性のじんましんを適切に治療しないと、慢性じんましんになってしまう可能性があります。です... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/24 06:00
じんましんの原因・治療・生活上の注意点などについて
 じんましんはかゆみを伴い、蚊にさされた時のように皮膚がミミズばれのようにもり上がります。数時間で消えることが多いため、病院を受診する時には症状が出ていないことが多いです。短時間(多くは24時間以内)で症状がきえてしまう急性のじんましんと1ヶ月以上発疹が出たりきえたりする慢性のじんましんとに分けられます。 じんましんは食べ物が原因で出ることもありますが、体が温まったり、逆に冷えたりすると出ることもあります。急性のじんましんを適切に治療しないと、慢性じんましんになってしまう可能性があります。です... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/01/27 09:00
じんましんは早めに治しましょう!:まひろ皮膚科(豊橋市)
じんましんはかゆみを伴い、蚊にさされた時のように皮膚がミミズばれのようにもり上がります。数時間で消えることが多いため、病院を受診する時には症状が出ていないことが多いです。短時間(多くは24時間以内)で症状がきえてしまう急性のじんましんと1ヶ月以上発疹が出たりきえたりする慢性のじんましんとに分けられます。じんましんは食べ物が原因で出ることもありますが、体が温まったり、逆に冷えたりすると出ることもあります。急性のじんましんを適切に治療しないと、慢性じんましんになってしまう可能性があります。ですから、... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/02/07 08:00
じんましんは皮膚科専門医で早めに治しましょう!
 じんましんはかゆみを伴い、蚊にさされた時のように皮ふがミミズばれのようにもり上がります。数時間で消えることが多いため、病院を受診する時には症状が出ていないことが多いです。短時間(多くは24時間以内)で症状がきえてしまう急性のじんましんと1ヶ月以上発疹が出たりきえたりする慢性のじんましんとに分けられます。 じんましんは食べ物が原因で出ることもありますが、体が温まったり、逆に冷えたりすると出ることもあります。急性のじんましんを適切に治療しないと、慢性じんましんになってしまう可能性があります。です... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/10/05 08:00
日光が当たったところにできるじんましん(日光じんましん)について
日光によるじんましんの症状は、日光が当たったところに一致して、みみずばれが出ます。重症な場合は、息苦しくなったり、気分が悪くなったりするなどの症状を引き起こすこともあります。日光じんましんは、20歳代の方に比較的多くみられます。原因としては、日光中の可視光線、UVA、UVBがあげられます。抗アレルギー剤を飲んで治ることもありますが、なかなか治りが悪いことも多いようです。予防としては、サンスクリーン剤をぬったりして徹底的に日光をさけることが大事です。    あらゆる年代に突如として発症するが、... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/06/10 08:00
小麦による重症のアレルギー反応
アナフィラキシーとは、特定物質を摂取後に起きる急激なアレルギー反応の結果、じんましん、呼吸困難、ショック症状などの症状をきたすことをいいます。特定の食物を食べた後、運動している最中にこのアナフィラキシーの症状が起きることを食物依存性運動誘発アナフィラキシーといいます。最近、小麦による食物依存性運動誘発アナフィラキシーが増加してきています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/12/10 08:00
注意が必要な、体が急に冷えた時にみられるじんましんについて
 寒冷じんましんは、急に体の一部(局所性)もしくは全身に寒冷の刺激(クーラーの風、プールの水や海水浴など)が加わった時に発症するじんましんのことを言います。体の一部が冷えた時に生じる寒冷じんましんを局所性じんましん、全身が冷えた時に生じる寒冷じんましんを全身性の寒冷じんましんとよびます。 寒冷じんましんの症状は、寒冷の刺激が加わって30分以内にじんましんが出ることが特徴的ですが、じんましんが全身に拡大すると、まれに息苦しくなったり、気分が悪くなったりすることがあります。     ・・... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/11/28 07:00

トップへ | みんなの「じんましん(蕁麻疹)」ブログ

まひろ 皮膚科 豊橋市 皮膚科 ブログ じんましん(蕁麻疹)のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる