アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「アレルギー」のブログ記事

みんなの「アレルギー」ブログ

タイトル 日 時
じんましんは皮膚科専門医で早めに治しましょう!
 じんましんはかゆみを伴い、蚊にさされた時のように皮ふがミミズばれのようにもり上がります。数時間で消えることが多いため、病院を受診する時には症状が出ていないことが多いです。短時間(多くは24時間以内)で症状がきえてしまう急性のじんましんと1ヶ月以上発疹が出たりきえたりする慢性のじんましんとに分けられます。 じんましんは食べ物が原因で出ることもありますが、体が温まったり、逆に冷えたりすると出ることもあります。急性のじんましんを適切に治療しないと、慢性じんましんになってしまう可能性があります。です... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/10/05 08:00
アトピー性皮膚炎は皮膚科専門医で治しましょう!
  アトピー性皮膚炎(アトピー)は、遺伝的にほこり(ハウスダスト)、ダニ、カビ、ペットの毛、食べ物などに対してアレルギー反応を起こしやすい体質(アトピー体質)によって生じる慢性的な 皮膚炎のことを言います。 非常に強いかゆみを伴いますので、かいてしまうことによって湿疹ができて、よくなったり悪くなったりを繰り返します。乳幼児期に発症し、慢性の経過をたどりますが、中学生頃までには軽快する場合が多いようです。しかし、最近は成人型アトピー性皮膚炎といって大人になってもアトピーが治らなかったり、逆に大人に... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/09/03 19:00
小麦による重症のアレルギー反応
アナフィラキシーとは、特定物質を摂取後に起きる急激なアレルギー反応の結果、じんましん、呼吸困難、ショック症状などの症状をきたすことをいいます。特定の食物を食べた後、運動している最中にこのアナフィラキシーの症状が起きることを食物依存性運動誘発アナフィラキシーといいます。最近、小麦による食物依存性運動誘発アナフィラキシーが増加してきています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/12/10 08:00
使用を続けると、症状が強く出るかぶれ(ヘアダイによる)
 ヘアダイ(毛染め剤)は、最近はコンビニや薬局などでも入手でき、その使用により気軽に家庭で毛を染めることができます。 ヘアダイは使用するうちに、ある日突然ヘアダイの成分に対してアレルギー症状を起こすことがあります。いったん、アレルギー反応を起こすと、一生ヘアダイに対してアレルギーの体質を持ち続けることになります。最近、ヘアダイによる皮膚のトラブルがみられる方が増えているという報告があります。    毛染め・脱色剤に含まれる化学物質が、アレルギー症状や皮膚炎を起こす場合があることはあまり知られ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/09/13 13:00
治りがわるい、かゆみを伴うシイタケによる皮ふ炎
   シイタケ皮ふ炎は、シイタケを摂取後に激しいかゆみと共に、ひっかいたあとに一致して全身に線状の発赤の症状がでる皮ふ炎のことをいいます。じんましんに似た皮ふの症状がみられます。かゆみが強いことが特徴ですので、初期より飲み薬を内服して、かゆみを抑えることが重要です。   ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/04/20 08:00
ピアスによる皮膚のトラブル:金属アレルギー・化膿
  ピアスは、ネックレス・指輪などと同様に、金属アレルギーを起こす原因になりますので注意が必要です。いったん金属アレルギーを起こすと、その金属に対して一生アレルギーの状態が続くため、アレルギーの原因となる金属を一生さけなければなりません。  ピアスをするということは、ピアスの穴が閉じるのに1ヶ月程かかりますので、その間金属が直接体内に触れることになります。体内に触れている期間は、金属が金属イオンになっているためにアレルギーを起こしやすくなると考えられています。 金属の中でも、ニッケル、スズ、コ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/04/01 08:00

トップへ | みんなの「アレルギー」ブログ

まひろ 皮膚科 豊橋市 皮膚科 ブログ アレルギーのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる