テーマ:美容

にきびによく効く皮膚科専門医のアダパレン含有ゲル(ディフェリンゲル)・にきびあとに効く最新の治療

にきびは、10~20歳代の方に多くみられる皮膚の病気です。顔(ひたい、鼻まわり、ほお、あご)、胸、背中、首などの皮脂腺が発達したところによくできます。しばしば、炎症を伴うことにより赤く見えたり、化膿したりすることがあります。治療をしないで放置すると、にきびあとになる可能性もあります。 アダパレン含有ゲルは、にきびによく効くぬ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

にきびやにきびあとによく効く光治療(しみ・毛穴のトラブルにも効く)

最新の光によるにきび・にきびあと治療(PPxアクネ) しみ・そばかす・毛穴の開きや黒ずみ・赤ら顔などによく効く光治療(PPxSR)     PPxアクネは、これまでのレーザーや光治療とは違い、皮膚を吸引しながら、マイルドな光(ブロードバンドライト)を照射するにきびに対する最新の治療法です。 ブロードバンドライトとは、440nm…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しみ・そばかす・にきび・にきびあと・毛穴の黒ずみなどによく効く光治療

にきび、にきびあと、しみ、そばかす、毛穴の開き・黒ずみ、くすみ、赤ら顔、小じわなどによく効く最新の光治療(PPxセラピー)(まひろ皮膚科クリニック(皮膚科専門医: 豊橋市)) PPxセラピーとは   PPxセラピーは、これまでのレーザーや フォトフェイシャル治療とは違い、皮膚を吸引しながら、お肌に優しいマイルドな光 (ブロー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肝斑(しみ)によく効くぬり薬(ハイドロキノン)と飲み薬(トラネキサム酸)

 肝斑(しみ)は、30~40才代の女性によくみられます。顔(特に頬や額)に左右対称に認められる淡い褐色からこい褐色の色素斑です。眼のまわりに色素沈着がみられないのが特徴です。      肝斑の原因としては、紫外線、ホルモン、化粧品、薬剤、ストレスなどが考えられます。肝斑に対してレーザー治療は無効であると考えられています。トラネキサム酸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

にきびに漢方が効く

 毛穴がつまった状態が続きますと、にきび桿菌が毛穴の中でふえます。ふえたにきび桿菌から出される酵素の作用によって毛穴の炎症がおこり、外からみるといわゆるにきび(尋常性ざ瘡)の症状である赤いぶつぶつになります。このにきび桿菌の繁殖をおさえるために、抗生剤の内服がよく用いられますが、連用することによって耐性菌が生じてしまう可能性があります。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピアスによる皮膚のトラブル:金属アレルギー・化膿

  ピアスは、ネックレス・指輪などと同様に、金属アレルギーを起こす原因になりますので注意が必要です。いったん金属アレルギーを起こすと、その金属に対して一生アレルギーの状態が続くため、アレルギーの原因となる金属を一生さけなければなりません。  ピアスをするということは、ピアスの穴が閉じるのに1ヶ月程かかりますので、その間金属が直接体内に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more